East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:井戸端会話( 144 )

砂の町から帰還

もう、周りは砂地、土色、家々も同系色で周りに溶け込んでいる。

色彩の無いところで住むということは、一つの色に引き込まれるようで、

到底わたしには我慢できないと思う。

孫は可愛いが、やはり住めない。


その孫は大きく重くなり、嬉しいけれど、体がキツイ。

それでも、歩けるようになったので、抱くことが少なくなり、

助かったぁ〜。 お金も使かったぁ〜!。


帰りの飛行機から見た、地上の景色、森林と湖を見たときは、

大げさに言えば、呼吸が出来ると思った。


と、ここまで下書きとして残しておいて、投稿するのを忘れた、

と言うか、他のことで忙しく、更新をせずにいた。

消してしまおうと思ったけれど、

たまにしか更新しないのでアップします。

書き始め日は、5月27日でした。(>_<)



[PR]
by orientexp | 2018-06-17 09:01 | 井戸端会話 | Comments(3)

眺めの良い家

折り紙クラスとカラオケクラスの仲間の家に行ってきました。

庭作りが好きだとは聞いていたけれど、実際この目で見てびっくり。

びっくりしたのは庭ばかりじゃなくて、そこから見える風景。

裏庭‘が崖の下まであり、遮るものが無いのです。

この日は曇り空だったので見えなかったのけれど、

天気が良ければ、レニア山(タコマ富士)が見えるそうです。


私は、不動産では無い家、モービルホームに住んでいる。

不動産税では無く、自動車税を払っている。

ちょっと昔の我が家が懐かしくなった。


池の中には鯉が泳いでいたのだが、外敵(聞いたけれど忘れた)から

守るために網を被せていた。

灯篭があったり、日本だなあと感じ入りました。

花も日本のものが多く、手入れもきちんとしており、

忙しいひとなのに感心しました。


d0169566_02460324.jpeg


d0169566_02465430.jpeg

d0169566_02473595.jpeg

d0169566_02481530.jpeg

d0169566_02485608.jpeg

d0169566_02492609.jpeg

d0169566_02500789.jpeg

d0169566_02504154.jpeg


花の名前は聞いたけれど忘れました。

やはり、庭のある不動産(本当の家)は良いねぇ。



[PR]
by orientexp | 2018-05-09 11:00 | 井戸端会話 | Comments(4)

開店休業 ・・・

、のような状態が続いています。

が閉店したのではありません。

、が諸々のことに関わり過ぎて、
ついつい準備中の札を下げぱっなしにしてきたわけであります。


まっ、言い訳はこの辺にしまして、

気候が誠に結構な時期となりましたね。

気候に左右されやすい性格の私ですから、

日々の気分は上々なのであります。

キョウイクもキョウヨウも忙しく飛び回っていました。


本物の?教養と言っては何ですが、

読書などというものもやっておりました。

前にも書きましたが、武田百合子著の本を何度目かの読み返し。

それと、佐野洋子著の、

「神も仏もいりませぬ」「死ぬ気まんまん」の再読。

如何ですか、立派なものではありませんか。

(こんなことを自分で言うこと自体が、教養の無い証拠です)

今のところ、この二人の文章に惹かれている私であります。


あと、俳句もやっております、

と言ってもテレビ番組の「プレバト」のDVDを入手して観ているだけですが。

これが、誠に面白いのであります。

選者の先生が、辛口で、それぞれの苦心の作品をぶった斬るわけです。

これは、私も経験があります。

句会を開くと、それぞれの作品をみんなで審査するわけですね。

これを披講というのですが、この時間が大嫌い、いや好きかな?

自分の句を、良いの悪いのと審査されるわけですね。

恐ろしい時間であります。

しかし、知らなかった、気がつかなかった、

たくさんの言葉や字の並べ順序などを教えてもらえます。


テレビを観ていて、自作の句をほとんど原型が無いほどに

直されたひとの姿は、私の姿でもあります。

同情しますが、これが無ければ上達しないのも確かであります。


「プレバト」のDVDを、300枚以上注文したので、

今しばらくは、開店休業が続くと思います。

、が時々準備中の札を引っ込めますので、

思い出した時には、お寄りくださいませ、ませ。 m(^^)m



桜は所々で散り始めています。

d0169566_02243727.jpeg

歩いてもいます。
雲がオリンピック山の雪渓と重なってしまっていますが雄大な景色です。

d0169566_02263043.jpeg


シアトルで開催されていた、桜祭りへ折り紙を届けに行ってきました。
会場の一部分ですが、奥に飾ってある、丸い下げものを寄付してきました。

d0169566_02300630.jpeg

d0169566_02425796.jpeg












[PR]
by orientexp | 2018-04-23 10:38 | 井戸端会話 | Comments(2)
素晴らしい春の様子を見せていたのもつかの間、

今日は一転して寒さが逆戻り、雨もシトシト。

これを感じていた私は、外出を積み立てていたのであります。

なぁ〜んてネ。天気予報の情報で動いていたのです。

ここのところ忙しく、出かける日々が続きました。


この時ばかりと、集団での歩きに出かけ、アメリカ人の仲間との交流をはかり、

また、県人会の集まりに出かけ、日本人との交流を楽しみ、

けっこう忙しい2週間を過ごしました。


家では、次回のカラオケで歌うものの練習などをしたり、

小断捨離をしたり、通常の家事をしたりしました。

これで、私の人生、1時間くらいは、伸びたかしら??


今月もあと10日足らずになりました。

何でこんなに早く過ぎていくのかしら、時間は?


折り紙で
d0169566_04370907.jpg

歩いている時に見つけた春                           
d0169566_04435190.jpeg


私が写真を撮っていると                             
d0169566_05103709.jpeg


後から来た仲間たちも、いっせいに                       
d0169566_04444440.jpeg


県人会で友人がゲットした景品                         
d0169566_04341653.jpg








[PR]
by orientexp | 2018-03-22 22:55 | 井戸端会話 | Comments(2)

春ですねぇ〜

今日は記録的な暖かさです。

それに夏時間が始まったので、なんとなく気分が良いのであります。

それで、ちょっと部屋の模様替えなどやってみました。

なんて、書いていますが、狭い家のことですから、

大したことではないのですが、ちょっと夏バージョン、といいましょうか。

単純なものです、こんなことでウキウキしてくるのですから。



昨日今日は、東日本大震災のニュースでした。

昨日、NHK ”明日へ 東日本大震災から7年”という番組を見ました。

ライブだったので私もサイトから投稿しました。

そしらた、最初画面下に出て、その後アナウンサーが、

ワシントン州から、と読んでくれました。

まさか、と思っていましたのでびっくりでした。

ライブってすごいですね。


今日は、大越健介キャスターが被災地を訪れ、復興の様子を放映していました。

復興といっても、政府と個人との間の違いが浮き彫りにされた現状を見せられました。

前向きにがんばっている人たち、以前と違う環境に戸惑う人たち。 さまざまです。

昨日は、靴下を利用した、小野人形というのが、地域ををつなげている様子も出ていました。

災害から立ち上がろうと頑張っている人たちもたくさんいます。

何も出来ない私は、ただ、涙を流して大変だなぁ、気の毒だなぁと思うだけでした。








[PR]
by orientexp | 2018-03-11 22:00 | 井戸端会話 | Comments(2)

歳の違いで・・・

今日はひな祭りです。

折り紙クラスでは、イベントにに出かけるようです。

私は出かけません。

クラスに行っても、手を動かさないで、

口ばかり動かしているから、役に立たないからです。


先日、カラオケクラスに出かけました。

新曲を歌ってきたのですが、あまりうまくいきませんでした。

新曲(生意気に)で、初めて歌うのだからと、言い訳しました。


カラオケ クラスの仲間も、後期高齢者が多いのです。

みなさん、お元気でハツラツとし、私は負けているのです。


仲間のひとりが、ネットからのコピーをくれた。


  「18歳と81歳の違い」

 道路を暴走するのが18歳  道路を逆走するのが81歳

 心がもろいのが18歳  骨がもろいのが81歳

 偏差値が気になるのが18歳  血糖値が気になるのが81歳

 受験戦争を戦っているのが18歳  アメリカと戦っているのが81歳

 恋におぼれるのが18歳  風呂におぼれるのが81歳

 まだ何も知らないのが18歳  もう何も覚えていないのが81歳

 東京オリンピックに出たいというのが18歳 
        東京オリンピックまで生きていたいというのが81歳

 自分捜しの旅をしているのが18歳 
        出かけたままわからなくなって皆が捜しているのが81歳

 「嵐」というと松本潤というのが18歳
        鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳


うまいことを言うものですね。

限りなく81歳の現象に近い私であります、が、

「嵐」は、そく松本潤と答えられます。

あなたは??


[PR]
by orientexp | 2018-03-03 11:11 | 井戸端会話 | Comments(2)

春まだ遠し

あと1日で2月は終わるのに、

暦の上ではとっくに春。


なのに 春はまだ遠い 気がする

雪が また降り 今週も降る らしい

雪は もう ケッコウよ〜 空に向かって 叫ぶ

その口のなかに 雪がひらり 入り込む

春よ こい 早く こい

胸のなかの 雪を 溶かしに こい


   * * * * * * * *

庭の枯れ木に雪がつもり、鳥は思案中。


d0169566_06112129.jpg


[PR]
by orientexp | 2018-02-27 13:15 | 井戸端会話 | Comments(2)
暦の上では春なのですが、まだ冬の寒ささ続いています。

あなたの住むところはどうですか?

それでも、気配は何となく春の様相をしてきました。

暦の上では、もう春です。

昨日は、一日中お天道さまが顔を出していました。

この機を逃すものかと、歩いてきました。


最近ようやく以前のような体調に戻りつつあります。

体の調子が良い時の精神状態は、晴れ渡っており、

何でも出来る、と思ってしまうものです。

しかし、体の調子がそれについていかず、

あれっ、という状態になる時が増えて来たような気がします。


当たり前の話ですが、日々歳をとっていっていますので、

若い時と違い、体の調子も日々変化して来るわけです。


先日、食う会での話です。

いつも日本レストランでやっていて、そこには畳の部屋があります。

掘りごたつのように、足を入れて座れるので良いのです。

このことでちょっと意見の違いがありました。

足を入れたり出したりが大変という人たちの意見があり、

テーブル席で予約をしていましたが、結局畳の部屋になりました。

テーブル席は、寿司バー真ん前で、私たちの会話が他のお客さんに聞こえます。

畳の部屋でも聞こえるのですが、障子を閉めれば少しは大丈夫と、思われます。


大声で話し合う熟女(?爆)たちの会話は、

聞く方は迷惑でしょうし、喋る方も気を使います。

結局は、これからも畳の部屋ということになり、一件落着しました。


ところで、私は今のところ畳部屋での、足の出し入れには問題ありません。

しかし、これが出来なくなる日が来るのかと、少し気になりました。

と、言うのも年末から一月いっぱいの我が身に起きた、体の調子のことです。

歳をとるということは、こういうことなのか、と少し気にしているところです。

しかし、これから若くなることは絶対無いのですから、

今の調子と折り合いをつけながら、悲観的にならず、さりとて楽観的にもならず、

と日々自分に言い聞かせているわけです。



正岡子規の句集を時々読んでいるですが、

彼が亡くなる年の春につくった一句。

  春惜しむ一日画をかき詩を作る  

立ち上がることも寝返りをすることもままならない状態の中で、
いちにちも休まず画をかき俳句などをかき続けたそうです。

正岡子規は、この年の九月に亡くなりました。

この1000分の1でも良いから、頑張ろう!!

刺身サラダと揚げ出しとうふ、泡の出る飲み物。
サラダが少し上げ底気味、揚げ出しとうふはぬるかった( ;;)
d0169566_08342420.jpg

[PR]
by orientexp | 2018-02-11 15:22 | 井戸端会話 | Comments(2)

テレビ番組 (1)

いつも楽しみにしている番組がある。

その中で、昨日と今日ふたつ楽しんで観た。

昨日は、カンブリア宮殿。

北海道砂川市に本社がある、ホリ ホールデングスの社長、 掘 昭(64歳)。

何気なく観ていたら、あれっ、ここの店に行ったことあるよ、と自分にツッコミを入れていた。


去年、日本に一時帰国した時の話。

(随分前のような気がするが、まだ一年経っていないのだ)

東海道53次を歩き終え、小樽、札幌の友人に会いに行った時のこと。

朝早くに小樽の街を歩いている時、古い石蔵の前に女性がふたり佇んでいた。

”北菓楼”という甘いものを売っている店で、開店を待っているのだとか。

甘いものにはあまり興味のない私。そんなお店があること自体知らなかった。


”そうだ!東京でお世話になっている友人に何か送ろう!!”


ふたりの後について店内に入ると、ふたりはカウンターへまっしぐら。

出来立てのバームクーエンを小さく切ったものを何個かとる。

みる見るうちに無くなりそう。慌てて私も最後の一個を掴む。

それと他に何点か友人宛に送る。


他に目玉商品の、夕張メロンを使ったゼリーがある。

この商品が会社の倒産を救ったのだとか。

他には、昆布入りのおかき、などなど甘味勢揃いという感じ。

原材料などは、北海道産を使用して地元を活性化している。


会社の創立記念パーティーをやる代わりに、

社員、パートも含めてそれぞれに、金額入りの預金通帳を渡したのだそうだ。

社員旅行にハワイへ行く。定年後の人たちを雇用したりしている。


いつもこの番組は感動することがあるのだが、

今回は、それ以上の感動と感心を受けた。


父親の遺言で、「兄弟喧嘩は絶対するな」ということ。

甘いものを食べるときに人々は笑顔である。

それを売る人間として、兄弟喧嘩をするようではダメだということらしい。

掘社長の笑顔が良いのだ。それに腰が低い。


ちょっと、ヨイショし過ぎかもしれないけれど、

同じ北海道人として、ちょっと嬉しくて、誇りに思う。

次回の帰国の際は、他の商品も買おうと思っている。


もうひとつの番組はこの次に続きます。







[PR]
by orientexp | 2018-02-03 15:30 | 井戸端会話 | Comments(0)

あっという間に・・・

2018年の1月も残り少なくなりました。

前回の更新から3週間も過ぎたのですが、ただただダラダラと

だ行だらけの日々を過ごしていました。

天候のせいにはしたくないのですが、ほとんど毎日雨ばかりの日々でありました。


インフルエンザは治りましたが、いまだに風邪気味でもあります。

と、いいわけしつつ、活字に頭を突っこみ、麻雀ゲームに現を抜かす日々でもありました。

朝目を覚まし窓から外を見ると、昨日と同じ天気、それを眺めては、

自分に言い訳をするのであります。

  ーこれじゃ歩けもできしない、仕方がない、本の続きを読もう。

  ー活字ばかり追いかけてると目が疲れる、視線(?)を変えて、ゲームでも。

どっちも目を酷使していることには変わりがなく、自分を納得させる言い訳であります。


食事をとるのも面倒になるのでありますが、健康な体は食事から。

と、年末年始にかけての不調子な我が健康を考え、キッチンに立っている。

キョウイク、キョウヨウはそこそこにして、家にこもっていた。


今日の天気は、雨降り風強し。

ほんの一瞬、思わせぶりに雲間から顔を見せるおてんとう様。

 ーおお、歩きに行こうかな。

しかし、窓からのぞいてみれば、さっと引っ込んでしまう。

おてんとう様からはすっかり嫌われている私であります。


心の隅っこで、言い訳をしながら再び本を開こうと思ったのであります。

が、ブログの更新をながいことしていません。

九州の友人から、ラインで、インフルエンザの方は大丈夫ですか?

との連絡が入り、彼女がブログを読んでくれていることを知る。

あまりにも長い休憩状態であります。

今年はもっと更新をしよう、決意したのでありますが、

去年も同じ決意を したような気がします。

 気長にお付き合いください。










[PR]
by orientexp | 2018-01-27 22:02 | 井戸端会話 | Comments(2)

日々のできこと


by sakura