東海道53次ひとり歩き (14) 御油→赤坂→藤川→岡崎

2017年 5月28日

今日も暑い。

何でこの時期を選んだか、自分を呪う。

しかし、進むしかない。


今日は、楽しいことが待っている。

ニューヨークで俳句の仲間として知り合った、

房子さんと再会することになっている。

彼女は、ニューヨークを引き払い、岡崎に戻っている。

彼女と会う時間に間に合うようにと、歩を進める。


赤坂宿の、有名な宿の大橋屋は、ひっそりとしていた。

d0169566_20441555.jpg

創業1649年の旧東海道最後の旅籠だった。

2015年に、366年の幕を下ろした。

松尾芭蕉も泊まり、俳句を残したそうだ。


旅人がひと休みする場所。

d0169566_20444299.jpg

暑い日に特に有難い。荷を下ろしひと休みした。


青い空と山、田圃、大好きな風景。

d0169566_20453124.jpg


藤川宿に到着。


d0169566_20470164.jpg

岡崎に入ると、家康さんの銅像が多い。

曲がり角が多い。 二七曲がりと言って、標識がある。

防御のためだそうが、分かるなあ。

曲がったと思ったらまたまがる。戦闘意識が無くなる。

d0169566_20474520.jpg

この暑い日、その通り歩くのも大変だなので、最後のを省略する。


ホテルが改装中でなかなか見つからず、ようやく到着。

すでに友人は待っていてくれた。

10年以上も会っていないけれど、いつも、俳句では毎月ネットで会う。

笑い顔が素敵な房子さんは、相変わらずの行動的生活を送っている。

なんと、6つの俳句グループに参加しているとか、凄い。

それに、地域の同人誌(だと思う)に文章も書いている。

凄いなあと、私は大いに刺激された。


彼女が、岡崎城の中にある、和食料亭に招待してくれた。

日本に来て初めての、本格的日本食。堪能致しました。

d0169566_20483665.jpg

d0169566_20490900.jpg
右上のは、名物の、豆腐の味噌田楽。美味しゅうございました。


彼女は、私をホテルまで送ってくれ、別れた。

今度はいつ会えるかなぁ。房子さん、色々とありがとう。


御油→赤坂 (2km)→ 藤川(10km)→岡崎(8km)= 20km 累計;335 km

宿泊地 ; 岡崎;オーワホテル





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by orientexp | 2017-05-30 21:00 | 街道歩き | Comments(0)

日々のできこと


by sakura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30