East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ
私が参加している歩くグループ主催、2年に一度の恒例のイヴェントが先週末あった。

前回の2015年は天候に恵まれ青空のした、ウオーカーは楽しんだ。

今回は、雨が降ったり止んだりの3日間だった。

しかし、ウオーカーはそんなことではめげない、雨が降っても歩くのだ。

雨に対する 準備も万全で、それぞれ個性があり、目を楽しませてくれた。


前日に現地入りして、マーカーを設置するのを手伝ったが、

ほとんどが、砂浜なのでマーカーは必要なし。

この日は、天気が良く海岸には人が出て楽しんでいた。


イヴェント当日、人々は朝早くから集まり、それぞれのコースへと繰り出していく。

私は、前回と同じくキッチンの手伝いをした。

今回は、味噌汁を作ったので、その準備でちょっと大変だった。

スープは、たくさんの仲間が作ってきてくれ、11種類も集まった。

これらを3日間に振り分け、鍋で温めウオーマーに入れサーヴィスする。

11時半から1時半までの間だが、寒い中を歩き戻ってくる人たちにとっては、

体の芯まで温まる思いで食べたことと思う。

私の味噌汁も喜んで食べてもらえた。

初めは、豚汁をと思ったが、宗教的に豚肉を食べない人たちがいるので、

普通の、味噌汁(豆腐、油揚げ、大根、じゃがいも、玉ねぎ、ごぼう、ねぎ)。

大量の味付けは大変なので、味つけてある味噌を使った。

それなりに美味しかった、と思う。何回もお代わりする人がいた。

今年も、洗い場で忙しく働いたが、台所の洗い物が大好きなので、

誰にも手を出さないようにと言うと、頭を振って笑われた。


今年は去年より多く、400人近く集まったようだ。

4月に行われる、カナダのヴィクトリアのイヴェントでの再会を約束して

それぞれ別れていった。




一緒にマーカーを設置した仲間ふたり
         
d0169566_14304302.jpg
                
 満ち潮で削られた砂浜                                                             
d0169566_14330853.jpg
 


波紋、自然が作り出すパターン、かなわないね、人間は。                              
d0169566_14350161.jpg


 地下足袋みたいな五本指の靴?                                         
d0169566_14380483.jpg
 完全武装で雨の中へ             
d0169566_14383647.jpg

 ホテルの部屋から見た夕日 ・・・ 水平線の向こうは日本                     
   
d0169566_14391375.jpg
 

[PR]
# by orientexp | 2017-02-24 22:00 | 歩き | Comments(12)

道産子として ・・・

ここで何回も紹介している、いすみ鉄道の鳥塚社長のブログに、

道産子として、嬉しいい記事が取り上げられています。


JR北海道は、予算が無く、ローカル線の廃止を決めたことを以前このブログで書きました。

ところが、JR北海道が、道北道東で、観光列車を運行しようという話が出ています。

札幌、小樽、函館地区は、すでに観光で路線運行は満杯状態。

そこで、旭川を地点に富良野から滝川、将来的には、旭川→帯広→釧路→網走→旭川と

二泊三日の観光列車を考えているようです。

列車泊りではなく、地元のホテルなどを利用して、地域の活性化を狙っているようです。


鳥塚さんは、昨年から北海道庁で行われている、観光列車検討会議に委員として参加しています。

今月行われる、観光列車フォーラムの、弟子屈会場のパネリストとしても、出席するそうです。


鳥塚さんが加わっていることで、JR北海道が変わっていくのではないかと、

道産子としては、期待しているわけです。 

詳しいことは、鳥塚さんの「観光列車フォーラム」2月15日の記事を見てください。


色々と問題はあると思いますが、やる前に諦めないで⇒進めてみるのは、

自分に対しても突っ込みたい言葉です。

ガンバレ! 北海道ローカル線 !!



[PR]
# by orientexp | 2017-02-15 11:11 | 井戸端会話 | Comments(8)

くう会 🍱 2月

私がまわりから煽てられて、幹事を引き受けて2度目のくう会は、

日本レストランで私を含め18人が集まった。

めいめい好きなものを注文。

ランチスペシャル、一品料理からなど、かしましい。


隣に呑んべいの友が座り、ふたりで泡の出る飲み物で、カンパイ。

糖質制限している私としては、この銘柄はNOなのであるが、

お付き合いの場合は、良しとしている。

3年ほどの経験で、その辺の調整を学んできた。

泡のお相手として、刺し身と鳥の唐揚げを選んだ。

美味しかった!


食べながら飲みながら宴席(?)は、騒々しい。

元かしましい娘に磨きが入り、

話が四方八方に飛び散り、狂乱のごとし。


しかし、この狂乱が、私たちの長生きの秘訣といえば、

間違っているでしょうか?

私だけのことで云えば、

この狂乱のひと時が、明日への活力となっているのです。


来月のくう会は、アメリカレストランと決まり、

それぞれの日常の生活へと戻って行きました。


d0169566_04420402.jpg



d0169566_07584662.jpg






[PR]
# by orientexp | 2017-02-11 15:00 | 美味しいもの | Comments(4)

ひとの気持ちとは・・・

カンブリア宮殿のこちらでの放映は随分遅く、

今日取り上げるのも、去年の6月放映である。


「大改造!劇的ビフォーアフター」という番組が大好きで 観ていた。

現在この番組は中止になっているらしい。

リフォームでの問題が多く出てきたことが理由らしい。


そのリフォーム専門の業者、「さくら住宅」の社長、二宮 生憲(たかのり) 氏。

どんな小さな仕事、たとえば電球を変える、車椅子用に小さな段差を無料で取り付ける。

顧客が必要とすることを利益を考えずにやる。小さなことで喜んでもらう。

すると、ほとんどの人たちからリフォームの注文がくる。


驚くことに、顧客の65%は、「さくら住宅」の株主だそうだ。

年に一回の株主総会には、バスで有名ホテルへ出かけ、コース料理を振舞われる。

会社への注文をお願いすると、「社長さん、体を大切にしてください」などという。

一人だけでは無い。面白い株主総会である。

社長も、持ち株は20%ちょっとだから、「いつでも乗っ取られますよ」と言う。


会社内では、営業ノルマというのがまったく無い。

”社員同士の競争はしない。売り上げの少ないひとには、新規の仕事を回す。

社員の表情が実に明るい。ノルマを果たせない焦りがないからだ。

これで、長年黒字続きの実績を上げている。


ひとの気持ちというのは、良くしてもらうと、それに答えたいちという気持ちが働く。

仕事上での緊迫したノルマがなければ、気持ちに余裕ができ、

リラックスし名案が浮かび、前進する活力が出てくる。

ほんのちょっとした考え方の違いで、大きな変化がもたされるのだと思う。


さて、私もこれからは、気持ちに余裕を持ち、進んで行きたいと思う。

リラックス、リラックス・・・  はて、さて、どうなるか?








[PR]
# by orientexp | 2017-02-08 15:11 | 井戸端会話 | Comments(4)

取り急ぎ

私が毎日訪れる先輩ブログで知った。短歌作家のことを書きます。

名前は鳥居、年齢不詳、セーラー服姿などで世間で騒がれています。

出版された「キリンの子」

サイトで何篇かを読みましたが、

紡ぎ出された言葉から、壮絶な印象を受けました。

表現の新しさ、その感性が鋭く、読む人の心に突き刺さってきます。

鳥居さん
ブログを開設しています。


私は、俳句をやっているのですが、頑張ろうと思いました。

遅すぎるかな?



[PR]
# by orientexp | 2017-02-06 12:01 | | Comments(4)

日々のできこと


by sakura