East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

千客万来

8月もすでに一週間過ぎました。

以前住んでいたニュージャージー州から友人夫婦が遊びにきました。

気心の知れた人たちとの会話は、笑いが絶えず楽しい時間を過ごしました。


カナダのヴィクトリアへ行き、夏のブッチャート・ガーデンへ行ってきました。

今回で4度目ですが、夏は初めてだったので、夏の花、特にバラを堪能してきました。

バラの香りが辺りを充満して、空中に漂う香水という感じでした。
d0169566_795771.jpg


d0169566_710533.jpg


d0169566_7111858.jpg



シアトルで行われた野球観戦に出かけてきました。

ずいぶん前から友人がゲットしていたチケットは、ネット裏のナイスシートでした。

イチローのマリナーズ、松井がいるアスレチックスの試合でした。

イチローは調子が出ない今シーズンですが、それでもヒットを出しました。

松井は調子が良いようで、彼もヒットを出しました。

試合の結果は、マリナーズが勝ちました。

d0169566_7121140.jpg

ホットドック売りのおじさん
d0169566_7124020.jpg

球が飛んできたらキャッチしようと、グローブをつけて待っているおじさん
d0169566_7214796.jpg


以前ここでも紹介した、シェフタックさんのケータリング先の豪邸にもお邪魔しました。

ゲートからかなりの時間ドライブして着いたところは、眼前に海が広がっていました。

ここでもバラ園に満開の花が咲き誇り、香水の世界です。

ヴィーナスの彫刻があちらこちらに立ち、プールは空を反映してブルーに輝いていました。

日本庭園には滝が流れ落ち、池には鯉がゆったりと泳いでいました。

数寄屋作りの日本家屋には、床の間、掘りごたつ式のテーブル席が用意されていました。

3面が広い廊下になり、そこからは120度海が眼前に広がり、その開放感はすばらしいものでした。

帰りにはシアトルのダウンタウンで、食事を楽しみました。

スパゲッテ・ミートソース、一口カツ、チキンカツの大根おろしかけ、キムチチャーハン

もちろん、泡の出る飲み物(アラスカン・アーバン)も。
d0169566_7151414.jpg


この後はカジノに寄りました。

5セントマシンで遊び、その後ペニーマシン(一円弱)のマシンで大笑いの連続です。

私は、1ドルでずいぶん遊びました。勝ったカッタと言っても1ドル2ドル、負けたと言っても同じ。

1ドルで1時間ほど遊んだのですから、安いものです。


このように、楽しい時間を過ごしていると、あっと言う間に日にちが過ぎていきます。

友人夫婦は、昨日、アムトラック鉄道でカルフォルにアへ発っていきました。


明日は、ニューヨークからの友人が到着し1週間滞在します。

2週間後には、娘のマリアがアリゾナから来ます。

千客万来の8月です。

ここの夏は過ごしやすい避暑地のようです。みなさまも、おいで下さいませ。


d0169566_7325091.gif

[PR]
# by orientexp | 2011-08-08 15:27 | 井戸端会話 | Comments(12)

盆踊り

2、3日前にようやく夏らしい気候になりました。

イエ〜!夏が来たぜ〜と喜んでおりましたら、

昨日は雨降りになり、気温は急降下、大げさではないほど寒さにふるえました。

東海岸では、100度(30度)以上になり暑さにうんざりという状態だそうです。

西と東が合わさり、ちょうど良い案配の気候になると良いのですが・・・

それでもそのわずかな夏らしい日に盆おどり見学に行ってきました

初めての場所で、シアトルの南東に位置しているアーバンというところです。

ここには日本人がたくさん移り住み、農業をしていたそうです。

日本人が苦労して開拓し、今もその子孫が住んでいます。

ここにある仏教会主催の盆踊りは、毎年地元の人たちを中心に大きく開催されています。

初めて行った私はびっくりししてしまいました。

提灯がたくさん下がり、牛丼、もち、かき氷り、そうめん、などの屋台が出て、

その前にはたくさんの人たちが並んでいました。

広場の中央には太鼓がおかれ、場所取りに成功した人たちが周りをとり囲んでいました。

主催者の挨拶があり、踊りが始まり、ド〜ンと太鼓の音とともに踊りの輪が動き出します。

日系の人が多く、それも若い人たちが多いのには驚きました。

こうして、日本の文化が継承されていくのは嬉しいものです。

この行事も地域の人たち根づき、アメリカ人がたくさん見物に来ていました。

中には、日本人顔負けの踊りを披露してくれる人たちがいるのです。

この日のために普段から練習していた成果です。

日本人である私がまったく踊れないのが恥ずかしいくらいです。

たったひとつ踊れたのは、炭坑節です。北海盆踊りも前の人の踊りを見て踊りました。

長い夏の夜も終わりに近づき、9時半にはお開きになり、

楽しかったひとときの余韻を残して人々は散っていきました。



Published by デジブック
[PR]
# by orientexp | 2011-07-26 12:50 | 井戸端会話 | Comments(8)
d0169566_23233697.jpg


   なでしこジャパン   おめでとう!!!


もうほとんどあきらめて、2番でいいじゃない・・・と思っていた。

PK戦でのゴールキーパーの活躍がすばらしかった。

体が横に跳びしなやかな足がボールをシャットアウト。

参りましたね〜。

友人3人とソファーに座って見ていたのですが、

思わず飛び上がりました。

実は、この日ブランチにホテルへつれて行ってもらいました。

そこではワールドカップをテレビで放映していたのですが、

ほとんどの人は無関心というか、アメリカが勝つにきまっている。

こんな雰囲気が漂っていて、私たちだけがテレビの前でウロウロしていたのです。

友人の家に帰り、テレビをつけると、1−1です。

それからはじっくりと観戦です。

1−2になった状態でアメリカは安心したのでしょうか、

まさか、我がチームが負けるはずが無いと思ったのではないかしら?

しかし、すばらしかった。

対戦相手のアメリカでこの結果を見ることは、日本人として誇らしく思う。

これで刺激をもらい、日本が色々な意味で元気が出てくれることを願っています。





[PR]
# by orientexp | 2011-07-18 07:25 | 井戸端会話 | Comments(16)

シェフタックのつぶやき

今日は朝から小雨が降り続いて少し寒いです。

知り合いのレストラン経営者の方がブログを始めたいというのでお手伝いに行ってきました。

なんて、書くとたいそうなことですが、新人の私がお手伝いしたのですから、

たいしたことは出来てないのですが・・・・


彼はシアトルに長く住んでおり、レストラン経営の傍ら料理教室もやっていらっしゃる方です。

とてもユニークな人生を過ごしていらした方で、本が2,3冊できそうな人生です。

私がぜひ本を書いてくださいとお願いしたのですが、

まず、ブログからということで今回のブログ開設になりました。


同年代の方ですが、その言葉遣いは日本の古き良き時代を思わせるものです。


彼のブログは、シェフタックのつぶやき です。

ぜひ遊びに行ってみてください。
[PR]
# by orientexp | 2011-07-17 19:55 | 井戸端会話 | Comments(0)

哀れな、いきもの

日本では、いや東海岸でも酷暑とニュースで見ているが、

ここアメリカ北西部では、と、言ってもシアトル近郊であるが、

今年は例年に無い冷夏とかで、日々快適な気候の中で暮らしている。

ここ、2、3日は雨が降ったが、それも植物たちには恵みの雨で、

我が家の鉢植ガーデンの花、野菜たちは元気である。

長年ここに住んでいる人たちは、少し不満げに、

「いったい夏はいつくるんだ!」

「これじゃ、10月頃から始まる雨期と同じじゃないか!」

などと言ってはいるが、心の中では満足している様子が分かる。

エアコンもつけず、朝、窓を開けておくと、一日中風が家中漂っていて気持ちが良い。


話は変わるが、ここ2、3日の雨で、ナメクジが再び出没。

こちらは、退治するものを用意して待っていたので早速実行。

米粒くらいの顆粒で、それをバラ蒔くと、敵は手も足も(?)出ない。

殺生の言葉が心をよぎるが、植物を守るためにとなだめる。

ナメクジに生まれなくて良かった、と、自分勝手な己の姿を俯瞰する。

しかし、哀れな、いきものはナメクジだけでは無いような気がするのだが・・・

[PR]
# by orientexp | 2011-07-16 12:20 | 井戸端会話 | Comments(8)

日々のできこと


by sakura