East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ
♪お江戸日本橋ななつ立ち♪

ななつは、何時か? 調べてみれば、朝の4時だそうだ。

そんなの早くて、寝ているよ、カンベンしてよ、と言いたいところ。

でも、実際は起きていたのだ。 時差ボケで、2時ごろに目覚めていた。


さあ、本番が始まるのだ。少しいや、すごく興奮していた。

用意していた、バックパックとウエストバックパック。

53次用に買ったバッグは、結局今回のお供にはならなかった。

考え考え抜いて、普段使うバッグ共用にと、何時も使用のものを持参。

これが、今回の私の相棒になる。

d0169566_20203624.jpg


日本橋で地下鉄の出口を間違えて、時間をつぶした

予定より遅れて、7時半に出立。

d0169566_20215210.jpg


まっすぐに15号線を進む。

d0169566_20280891.jpg

銀座は昔、働いていた場所で懐かしいのだが、

ほとんどが変わり果て、寂しくなる。

まだ、どこの店も開いていない銀座は、不思議な感じだ。
d0169566_20292815.jpg


高輪大木戸跡
d0169566_20324773.jpg


d0169566_20350658.jpg


品川宿を過ぎ、川崎宿に入った。

うん、これは上手くいぞ、などと思った途端に、大きなミス。

曲がりどころを間違え、1時間ほどロスする。

やれやれ、初日だと言うのに、先が思いやられる。

川崎を少し行った先の、鶴見駅から電車で亀戸に戻る。

それでも、まあまあの初日である。

追加: 日本橋→品川 ( 9 km )→川崎(10 km )→鶴見駅 ( 4 km )
本日のトータル 23 km

* 距離間の数字は、ウエッブからで、四捨五入した。
分岐点で間違ったり、見学したりした分は入れていないので、実際はもっとある。


[PR]
# by orientexp | 2017-05-20 20:58 | 街道歩き | Comments(6)
何を持っていくか?

なにしろ、バックパック一に、20日間のものを詰め込むのだ。

それに良いものを探すのに、何度も専門店に足を運び選んだ。

次に、靴がいちばんの重要なもの。

昔はわらじで歩いたことを思うと、現代は選り取り見取りである。

最終的に決まったのは3足。前が、広いものを選んだ。

それらを何回か履き、歩いてみた。

バックパックひとつでは足りなくて、ウエストバックパックもゲット。


用意が整いいつでも街道に繰り出す準備はできた。

期待と不安が入り混じった興奮時期を過ぎ、出発前である。

次回は、実践編となる。



[PR]
# by orientexp | 2017-05-20 19:40 | 街道歩き | Comments(0)
一年ほど前、突然閃いた。

次回の一時帰国は、東海道53次を歩こう!

日本でいう、前期高齢者の私が何を今更。

今までも何度もチャンスがあったのに、何を今更。

でも、今だからなのだと思う。

失敗、後悔その他色々なことをくぐり抜けて来た我が人生。

振り返ると、大したことをしていないなぁと実感。

ここは、いっちょ、大きなことをして、最終章を決めてやろう。

なんて、身の程知らずのことを思いついた。

猪突猛進の我が身の恐ろしさは、本人が一番分かっている。

それ以来、寝ても起きても、「53次」がうわ言のように付きまとう。

予定を立て、実際に荷物を背負い、これじゃいかんと、計画変更。

これを何回も繰り返し、ようやくこれで大丈夫というのに落ち着いたのは、

アメリカ出発の一週間ほど前。


サイトを調べると、たくさんの人たちが53次を歩いている。

それらを参考に、歩く距離、持ち物などなどを決める。

トータル、492キロの距離を、17日間で初めて、

こりゃダメだ、これを何度か修正して、最終的に20日間に決めた。

1日、平均25キロを歩く。これが自分で無理せず歩ける。


とにかく歩くことに重きを置き、歴史的な神社仏閣などは、

街道すじから近いところだけ立ち寄ることに決めた。

始めの二日間は、尺取り虫的に、東京に戻り、三日目からは、通しで歩く。

毎日、京都三条大橋に向かい、歩を進めるだけ。一歩進めるごとに目的地に近く。

場所の移動、人生で言えば、生を受けてから、死をへ向かうようなもの。


無理せず、途中リタイアも視野に入れて、進めて行こうと思っている。



[PR]
# by orientexp | 2017-05-15 03:21 | 街道歩き | Comments(2)

時差ボケ

成田空港に無事ランデングし、さあぁと勢い込んでいたが、

見事に覆えされた。それはぁ~ ........


入国管理所での長~い列、それも、二ヶ所とも同じ状態。

ばしょのセーブのための何列もの、ジグザグ列。

ゆうに、1時間を越えていた。

日本の経済発展には嬉しい観光客なのでしょうが、

10時間ほど、機内で同じ姿勢をキープし、

何とか症候群の心配も重なり、カラダ中文句のコトバで充満。

おまけに、我が指の指紋が取れない。

どうも、歳をとると指紋が薄くなるとか。

頭も、記憶も、財布の中身も、薄くなる年寄りには、酷である ‼️


なんだかんだと、言葉のキャッチボールを、

頭の中でしながらの、一種の時間つぶし。


やれやれ、ようやく日本の我が家に到着。

と言っても、自分の家ではない。

友人所有のマンションなのだ。(前にも書いたと思うが)

普段はだれも住んでいない、そこを使わせてもらっている。

家賃無料のラッキー者の私。

「ああ、実家に帰って来たみたい!」

調子に乗る私に友人は、

「私より知っているのだから、この家の中は」

笑いながら、マンションの鍵を渡してくれた。


ところが、時差ぼけで夜中に目覚める。

しゃ~ない! ブログ更新ダァ~とばかりにハリキる。

普段は、ブログの更新は、これまた薄くなるわたしではあるが、

時差ボケで、毛がイヤイヤ、怪我の功名と言って良いのかな?


バタバタと始まった今回の一時帰国。

今回は、自分にとり人生最大の挑戦が待ち受けている。

乞うご期待⁉️

( 調子に乗るな!) と、天の声。


[PR]
# by orientexp | 2017-05-14 04:32 | | Comments(0)

無用の長物

毎日歩いているが、コースを時々変える。

先日は、海が見えるコースを歩いた。

街中、公園を過ぎると眺望が開き、大好きな場所にでる。

目の前に広がるのは湾、その先に横たわる雪抱いた山が見える。

ここに移ってくる前に、フリーウエイを走っていて、この景色を見た時に、

嬉しくなり、ここに越してくる決心をしたひとつの要素だった。


d0169566_00222694.jpg

でも、ここの景色は、真ん中に見えるビルがじゃまになる。

市の所有物なのだが、今は使われていない。

壊す予算がなく、売りに出しているのだが、買い手がつかない。

すでに、9年以上たっているのだが、どうするのか?

景観を壊していて、住人や観光客からは評判が悪い。

これを、無用の長物というのではないか。


この景色を見ながらジグザクの道を降り、街中へ。

街中を通過してヨットハーバー沿いの道に進む。

そこからの景色は、遮るものが無い風景に出会う。

d0169566_00245832.jpg

ここに越して来て良かったと思う瞬間だ。

雨ばかりで気が滅入る日が続いた後、

気持ちが明るくなり、17キロ歩いた。


[PR]
# by orientexp | 2017-04-30 10:00 | 井戸端会話 | Comments(4)

日々のできこと


by sakura