East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

思わぬひろいもの

去年から長いことかけて歯の治療をやってきた。

途中、日本行きがあり、中断したがようやく最終段階を迎えた。

上を全部入歯にしたのだ。

経験のある人たちからは、歯を大切にしなさいよと言われてきた。

ふ〜ん、そうなんだといい加減に聞いていたのを後悔する。

まあ、今さらどうにもならないのだから、現状を受け入れるしかない。


さて、最終段階で、どうしても合わない。

痩せると口の中も痩せる、いや、収縮というのかしら、だそうだ。

日本で53次を歩いたので、いくら食べても太らない。

糖質制限食に加えてだから、ますます痩せる。

昔は、どうしたら痩せるかしらと悩んだ時期があった、

が今は、太ることを考える日々である。人生上手くいかないものだ。


普段は歯医者さんとこで調整するらしいのだが、

入歯を作る技工士さんのところまで行って調整してもらった。

そこは、歯科院とはまったく違い、初めは間違った場所かと思った。

中は工場のようで、仕事台に向かい数人の人たちが働いていた。

めったに来れない場所に遭遇したので、新しもの好きな私は興奮した。

これは、不摂生がなせる技か、と変な考えまで頭をよぎる始末、こまったものだ。


この歯医者さん(アラン)がただもでのでなかったのである。

歯科医の椅子の周りには写真がぐるっと飾ってあった、

彼が20歳の時に、カルフォルニアとメキシコの国境から、

カナダの国境までを歩いた時の写真だということで、あらためて見直した。

左下のは、断崖絶壁でタイマーをセットして自分撮ったそうだ。
オーマイゴットである。
d0169566_02443491.jpg

パシフィック・クレスト・トレイルというのは、

アパラチアン・トレイル、コンチネンタル・ディヴァイト・トレイルと並んで、

アメリカ合衆国長距離自然歩道の、3大長距離自然歩道のひとつだそうだ。

写真の彼は若々しく、岩の上や断崖絶壁でその姿を見せている。

5ヶ月かかって踏破したそうだ。若かったから出来たと言っていた。


現在のアランとパシフィク・クレスト・トレイルの地図の前で。

d0169566_02421256.jpg



私が53次を歩いたことを話したが、比べものにならない。

それでも、治療中この時の話で楽しかった。

彼に、合ったことで私の中にまた何かが動き始める予感がした。

いつか、このコース歩いてみたいと考えた。思いがあれば・・・叶う。

いつかって、もうあまり時間が無いのだけれど。


そんなわけで、歯を無くして意外なものを拾った、話でした。

でも、歯は大事にしましょうね。







[PR]
by orientexp | 2017-07-31 11:11 | 井戸端会話 | Comments(2)

スマホを落とした!

日本は梅雨明けだとか。

方々で大雨の被害があり、被災者もあり大惨事になっている。

こちらは、雨が降らず芝生はカラカラに乾き黄色の芝生である。



さて、スマホを落としてしまったのですよ。

日本で、水天宮の近くを歩いている時。

一応ケースに入れていたのだが、ちょうど角が地面に当たったらしく、

角は複雑にヒビがはいり、そこから斜めに線が入ってしまった。

ラッキーなことに、スマホ自体の機能は全く問題なく使える。


買った時に保険をかけていたので、持って行ってみた。


初めは、ウエッブからやってみたが、面倒なので買ったところへ持って行った。

手続きは、ウエッブでやっていたので、そのあとのことをやってもらい、

申し込んでから、三日目に新品のスマホが届いた。

また、店に持って行き続きをやってもらう。

アイクラウドにアップデイトしてあるので、20分ほどで全ての情報が

新しいスマホに移動できた。便利なものだ。

それから、壊れたほうのスマホの記録を全て消去する。

それを、新しいのが入っていた箱に入れ送り返して終わり。

意外と簡単だった。


もし、これを全部ひとりでやったら、やはり面倒で途中で諦めていたかもしれない。

保険をかけても、それを使う時の手続きが面倒で、ほとんどの人は諦める。

息子もそうで、彼の場合は、線が少し入っただけなので、途中で諦めた。


しかし、車は、新しいスマホを認知できなくて、これは自分でマニアルを見ながらやった。

これで、運転中もハンドフリーで会話が出来るので安心。

何事も勉強だと思っている。出来た時は、やった〜と自画自賛、嬉しいものだ。


こちらは、雨が少なく、

今日もからっと晴れた青空で、湿度がなく、少し高温だが、歩き日和だ。

午前中、森林浴を楽しみ歩いてきた。







[PR]
by orientexp | 2017-07-19 14:00 | 井戸端会話 | Comments(2)

田端駅から上野まで

今回最後の歩き。

この日も暑い日でした。

今回は、田端駅を出発、田端文士村記念館を過ぎ、

東覚寺、青雲寺、修性院を過ぎ、朝倉彫塑館へ。

その後、天王寺、長安寺、護国院、水月ホテル鷗外荘を過ぎ

不忍池弁天堂への、6キロコースを歩いた。


分子記念館は10時オープンで早過ぎた。
d0169566_05163678.jpg

途中、谷中ギンザに寄り道
d0169566_05180445.jpg

朝倉彫塑館、中が凄いです。家の下に池があり、鯉が泳いでいました。

d0169566_05190770.jpg

d0169566_05200317.jpg


この度は、間違うことなく順調に行けた。

ながいこと行きたかった、朝倉彫塑館へ行けたのが嬉しかった。

中は写真撮影禁止だったが、屋上で禁止破りの写真を撮らせてもらった。

畑があり、彫刻があり、オリーブの木があり、東京スカイツリーも見えた。


弁天堂の手前で、フィリピン人家族が上野動物園を探していたので、

動物園入り口まで案内して、喜ばれた。

箱根行きの、香港からの観光客の人たちを思い出した。


帰りは、上野動物園から亀戸まで歩いいた。

記憶のために途中経路を書き留めることに。

上野動物園、人形町、甘酒横丁、蛎殻町、深川芭蕉庵あと、

萬年橋、小名木川、小名木川橋から五の橋をとおり、亀戸へ。


深川芭蕉庵
d0169566_05205479.jpg

d0169566_05215566.jpg

川の側に立派な遊歩道があり、羨ましいです。
d0169566_05231904.jpg



この日は、トータルで、約20キロ歩いた、満足。


亀戸駅ビルで、ひとり夕食をする。

d0169566_05240631.jpg
九州の芋焼酎も頂き、マンジャマンジャでありました。




[PR]
by orientexp | 2017-07-15 15:00 | 歩き | Comments(2)

堀切菖蒲園

マンションを提供してくれる友人と、堀切菖蒲園へ行ってきた。

すでに、菖蒲祭りは終わっていたが、たくさんの花が咲いていた。

写真、テレビなどで見ると広い場所に見えたが、

町中にある小さな場所にだった。

この日も暑く、バス停からの道を遠回りしてしまった。

方向音痴に追い風が吹き、ド方向音痴になりつつある私。


d0169566_04190923.jpg


d0169566_04172594.jpg



帰りは、タクシーで新小岩駅に戻り、駅前ビルのレストランへ。

友人が連れて行ってくれたのは、” 梅の花”という、豆腐専門のところ。

昼時のレストランは、主婦が多く、そこもひとり男性を除いて女性。

豆腐料理のバリエーションをたっぷり楽しんだ。

d0169566_04275534.jpg



d0169566_04194866.jpg


d0169566_04202236.jpg


d0169566_04205850.jpg


d0169566_04212352.jpg

最後のうなぎのセイロ蒸しは、ひと口食べ友人へ。

すべて、美味でありました。友人に感謝。





[PR]
by orientexp | 2017-07-13 12:02 | Comments(4)
を、歩きました。

暑い日で、道を間違えたりしながら、都会の雑踏の中です。

道を間違えなく歩くことに自信がありましたが、

53次以後、その自信が揺らぎました。

今回も道を間違えたりしました。

それでも、途中で美味しい店を見つけ、ランチをとりました。


神田明神

d0169566_03510769.jpg

湯島天神

d0169566_03515757.jpg

築地直送 ” 源ちゃん”

d0169566_03524675.jpg

次の日には、

こちらで知り合った友人が日本へ引っ越しました。

その友人と横浜で、久しぶりに会いました。

お互いの近況を話しながら、デパートの中で過ごしました。

半日以上、同じデパートの中で、歩いたり食べたり買ったりしたのは初めてです。

外は暑いので、これは良いアイデアでありました。

友人は子供が居ないので、日本での暮らしを選びました。

羨ましいですが、家族がいる私は、やはりこちらでの生活がいちばんです。

友人と又の再会を約束して別れました。



[PR]
by orientexp | 2017-07-11 12:11 | | Comments(4)

時差ボケからの生還

お元気ですか?

ハイ、私はようやく狂った時間の空間から戻れたようです。

日本でお世話になった方々へのお礼状も書けずにいました。

これからボチボチと時間を正常にもどしていこうと思っています。


さて、前回が、山寺だったので、その後どこへ飛んで行ったのか?

ということで、次なる場所に着地したいと思います。


6月18日

朝、仙台駅から新幹線に乗り、宇都宮駅で途中下車。

駅で友人Tさんと待ち合わせました。

短い時間でしたが、ふたりは怒涛のごとく言葉の応戦でした。

わざわざホームまで送りに来てくれたTさんとのお別れです。

この年齢になると、口では、「またね」なんて言っていますが、

はたして、「またね」が実現するかどうかは分かりません。

でも、それを信じてしばしの別れです。

友というのは、嬉しく、楽しく、ありがたいものです。


昼に頂いた、穴子の白焼きです。美味でありました。
d0169566_03513726.jpg

久しぶりのマンションに着き、窓を開け放し空気の入れ替えです。

自分の家ではないのに、ここに戻るとホッとします。

この日からアメリカに戻るまでは、この部屋で過ごします。


とりあえず、今回はここまで。

旅の話はまだ続きます。





[PR]
by orientexp | 2017-07-09 03:55 | 井戸端会話 | Comments(4)

日々のできこと


by sakura