East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サーモン故郷へ帰る

先日、木曜定例歩く会で、隣町のパークへ行ってきた。

パークだけではないけれど、途中のコースに入っている。

鮭の遡上を見てきた。いつ見ても感動する。


長い道のりを生まれ故郷を目指し川をさかのぼる、痛々しい姿。


この公園は、川を挟んでトレイルができており、木立が鬱蒼と茂り、

夏は格好の歩き場所になる。

シアトルの方からもたくさんの人たちが来る。

特に、鮭の遡上シーズンになると、その数は増すらしい。


この日もたくさんの人たちが見学に来ていた。

ここでは、人口孵化をしていて、作業員の人が遡上してきた鮭を、

一匹ずつ別の場所に移していた。

鮭の肌は途中の過程での困難だった証に、皮が剥けたのか白くなった部分が多い。

それは痛々しく見る側の心に突き刺さってくる。


以前見たときは、途中の川だったが、最後まで行くことができない鮭の死体が、

たくさん川の中に沈んでいるのだった。

それを目掛けて、鳥たちが水中へと向かっていた。

これが自然の輪転なんだと、納得。


筋子、イクラを食べる時には、心して食べなくては、

なんて、カッコいいことを思うのだが、おいしさに、忘れてしまうのである。




 これから、最後の挑戦が始まる。滝の下で群がる鮭たち。
d0169566_04153087.jpg

 左が本来の川で滝がゴウゴウと音を立ている。
 右に、昇りやすいよう流れを軽減した専用の登り口がある。                     
d0169566_04172726.jpg

最終地点で、作業員に選別され向こう側へ移動する。                              
d0169566_04222494.jpg


集合、解散場所のスーパーマーケットの前に並んでいる、かぼちゃ群。 一個、約50円位。             
菊の鉢植えもあり、秋の風物詩であります。                                  
d0169566_04241553.jpg

自然って、厳しいけれど、清々しくて鮮やかできれいで美味しい!! 


来週は、サンフランシスコでの、「平成」 誌70号記念会への出席後、アリゾナへ行ってきます。       

d0169566_04480942.jpg



[PR]
by orientexp | 2016-10-19 22:00 | 井戸端会話 | Comments(2)
ウェヴを検索していたら、東京駅近くに、18階建ビル全館が日本式旅館がオープンした。

という記事を見つけ、以前テレビで見たような気がするので検索してみた。

もう「びっくりポン」(古い!?)である。

一例として、

一泊、一部屋(2人)7,400円 おっと、ゼロがひとつ足りない。74,000円であります。

素泊まりで、最低料金(税込)であります。

ひもじ者のわたしくとしましては、

これが、最高料金でも 泊まることのできない金額でございます。


夕食はレストランでコースを頼むと、18,000円。

内容は、

”五つの意思” とは何ぞや、哲学的かつ意味深な言葉に、


これまた学の無い私めは戸惑うのであります。


最後の ”おたのし実” に至っては、


なんだこりゃ 「 はっきりせい!! 」と怒鳴りたくなるのであります。



玄関を入ると靴を脱ぎ、江戸文化、温泉を楽しんでいただくのだそうです。


だんだん腹が立ってきた。 


これは、我々、失礼、みなさんと一緒にして申し訳有りません。


私のような、ひもじ者には一生かかっても縁の無いところであります。


まあ、向こう様も私のような者を相手にしていないのは、はっきりしております。


その証拠に、入り口が見つからない。滞在客専用しか見当たらない。


駐車場に、ホテルの入り口が、ございます。・・・ そうであります。


上から目線の感じがして、気に入りませんね。



1階には、立ち食い蕎麦屋があります。( 虎ノ門にある有名な蕎麦屋とか )


高級感と立ち食い蕎麦とは、ピンときませんが。


入り口のそばにある券売機で券を購入。( これってなんか庶民的 )


冷たい肉そば、一品しかなく、お値段ですが、1,000円だそうでございます。


日本式に、音を立ててズズッと食べる日本の文化を、


外国の人たちに知らせて欲しいそうです。



庶民を相手にしないこの手の商売、どこまで伸びるか、これからを注視。


なあ〜んて、庶民丸出しのわたくしめの、ひがみであります。



[PR]
by orientexp | 2016-10-12 11:12 | 井戸端会話 | Comments(8)

前向き思考

以前、友人の妹さんが、風呂場で転び首から下が麻痺状態になった話を書きました。

彼女は今、リハビリに励んでいます。車椅子にも慣れてきたようです。


今回は、私の友人のお話です。

以前、日本へ帰る友人の送別会のことを書きましたね。

その時出席していた最年長の友人です。

彼女は92歳になりますが、お元気で、麻雀、折り紙、レース編みの現役です。

4年ほど前まではボーリングリーグにも参加していました。

このNさんが、夜中に寝返りを打った途端に背中に痛みが走りました。

緊急治療室に行きますと、背中の骨が潰れていると言われたそうです。

自分のベッドで寝ていて、どうして骨がおかしくなるのかと不思議に思ったそうです。

もともと、骨粗そ症の兆候があったようです。

年をとると気をつけなければいけない病気ですよね。私も同じです。


今は、手術をするのを待っているそうです。

彼女は、私たちと麻雀をするのが待ち遠しいと顔をみるたびに言っています。

とにかく気持ちはお元気なのです。

このプラス思考というか、バゼエテブ思考というか、学ばなければといつも思います。


私の孫に作ってくれた前掛けです。この細い仕事をあっというまに作ってしまうのです。
d0169566_15101138.jpg
彼女が1日も早くよくなることを願います。                                    
2週間ほどで孫に会いにアリゾナに行くので、その時に持っていきます。 
 
後日談:
    彼女は無事手術が終わり家にもどりました。
    早速電話があり、早くよくなって麻雀をしましょう!
    私がまずは体の方が先だから無理しないでと言うと、
    「私が早く麻雀をしたいのよ!」
    この元気さはすごいですね~。
    前向き思考は精神を強くするのでしょうね。



[PR]
by orientexp | 2016-10-05 22:00 | 井戸端会話 | Comments(2)

日々のできこと


by sakura