East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

断捨離と整理

世間では、断捨離という言葉が流行り、真似事程度を試みていた。

それでも、捨てた先から物を買う、ということが続いた。

生活用品、洋服は、捨てたのだからと、空いた場所を眺めつつ、

頭の中では、欲しいものが散らつく、まったく意志薄弱である。

どうも、空いてるところがあると、そこを埋めるという心理が働くらしい。



オットトッコイが亡くなってから、しばらく彼の部屋をそのままにしていたが、

この部屋を少しずつ整理することにした。

引き出し付きのベッドを、布団ベッドにしようと考えていた。

これだと、普段はソファとして使い、お客さんが見えた時はベッドに使える。

しかし、たまにしかお見えにならない方々の為には必要では無い、

今、自分が快適に過ごすことをまず考えることにした。

日本間もどきの空間を作ることにしたのだ。

畳などは手に入らないし、それこそ断捨離を目指しているのに、

元の木阿弥となること必至である。

あれもこれもと考えていたら何も進まない。

思い切りものを捨てた。少しずつ空間が広がっていくのに快感さえ感じた。

空間は風が通り過ぎるようで、清々しい。

この間、キッチンの下、クッキングストーブの下、戸棚の中など、

どんどん捨てる。また空間ができる。気持ちが良い。

そして、最終的にたどり着いた、整理は、クローゼットである。

アメリカのクローゼットは、上に棚があり、その下にハンガーを掛ける棒がある。

これが、一般的だ。ここを日本式の押入れに出来ないかと考えを巡らせた。

そうだ、物置きに置き去りにしてある、テーブルがあるではないか!

サイズも合いそうだし、早速出してきて置いてみると、見事にマッチ。

まず、テーブルの下に、ファイルケースなど重いものを置く。

上には、以前は、折りたたんで重ねていた、ベッドカバー、毛布などを、

ZIPloc(ジップロック)に入れて重ねて置く。

私の中では、これはまさしく、押入れ擬きではないかと実感する。

海外で生活していると、食べ物、暮らしなど、日本式にするのは難しい。

だから、それらしいもの、つまり”もどき”になってしまう。

食べ物は、しょっちゅう”もどき”であるが、今回は、

”日本間もどき”、”押入れもどき”が出来上がった。

断捨離から整理整頓を通って、最後に”もどき”に辿りついた、

自分では大いに満足でなのであります。

この空間で、しばらくは楽しむことが出来るようにと、

断捨離継続を続けられることを願っているのだが、・・・

d0169566_2322764.jpg

[PR]
by orientexp | 2015-09-30 22:22 | 井戸端会話 | Comments(2)

炭水化物の制限

以前にも書いたが、炭水化物の摂取を控える、

糖質制限食を開始してから、もう少しで一年になる。

続くかどうか不安だったが、続けている自分を褒めてやりたい。


初めてから、二週間ほどで体重が減り始めた。

(現在の希望は、もう少し体重が増えること、うまくいかないものだ)

その反面、血糖値が下がり、体調は良くなった。

家系が糖尿病持ちで、その上、すい臓を60%摘出しているので、

どうしても血糖値が高くなる傾向だった。

糖尿病では死なない。合併症が怖いのだ。

それに、アルツハイマーの発症のリスクも高いということだ。

できれば、PPK(ピン ピン コロリ)で、人生最終地への移動が望みだが、

こればかりは自分の思い通りにならない。



ほとんどの食品に糖質が含まれている。

目標は、一食20g以下の糖質摂取が目標である。

最近凝っているのは、豆腐麺だ。

これが意外と美味しい。冷たくても暖かくても良い。

夏は、つけ麺式に食べていた。

糖質以外、脂質、たんぱく質などは自由に食べて良い。

ステーキ、ハンバーグ、魚など楽しんでいる。

カロリーをあまり気にしなくても良いのも嬉しい。


最近では、糖質制限食をやっている人が増えたようで、

レストランでも、ハンバーグのパン抜きをオーダーすると、

パンの代わりに、野菜やサラダなど、エクストラでつけてくれる。

スナックには、チーズやナッツを食べている。

泡のでる飲み物も、底糖質のを見つけて楽しんでいる。


何をやっても、病気になる時はなる。その時は、その時のことだ。


街路樹はもう秋の様子を見せている。

季節は回る、それもすごいスピードで。

ついていけないな〜なんて、ボヤいている今日この頃である。
[PR]
by orientexp | 2015-09-27 08:43 | 糖質制限 | Comments(2)
3日目は、むらさき貝の養殖所のある入り江を歩くコース。

出発地点からバスで、5キロ地点で下車する。

そこから、自動車道の側を歩き、やがて木々に覆われている道へ。

左側に海が見えてきた。

むらさき貝( Mussel)の養殖所。日本の牡蠣の養殖所もこんなのかしら。

 ( 養殖所の写真を削除してしまっった )

ここは、結構有名な養殖所なのだそうだ。

町のレストランでは、この貝を大皿に盛った料理が

あちらこちらのテーブルで見られた。

私は、あまり好きではないので注文しなかったが。


約1時間ほどで、歩き終わる。

仲間たちと別れ、ひとりランチ(あのマグロの前菜)をする。

帰りは、フェリーに乗らず、すこし北上して、フリーウエイを走る。

日曜日の帰宅ラッシュを避けたのだが、それでも3時間以上かかった。


いつもそうだが、長いドライブをして家に帰ると、

ああ、やっぱり我が家がいちばんと、ホッとする。

今回は、予定していたより少ない、27キロしか歩かなかった。


朝、歩いている時に町中で見つけました。

d0169566_841283.jpg

d0169566_8421218.jpg
[PR]
by orientexp | 2015-09-18 22:11 | | Comments(2)
2日目は、農場をめぐるツアー。

出発地点から町中を歩き、途中からただただ広い農場を歩く。

遠くに中途地点の農家が見えるのだが、なかなか着かない。

しかし、景色を楽しみながらの歩きは、疲れない。

目的地の農家に到着すると、先発のグループが昼を楽しんでいた。

椅子代わりの牧草でできたものに座り、音楽を楽しんでいた。

私たちも、列に並びホットドックバンに、ソーセージを挟んで席に戻る。

私は、ソーセージと、炒めた玉ねぎ、酢漬けのキャベツなどを皿に盛った。

これらは、青空の下で食べるからという以上に美味しかった。


d0169566_756018.jpg

d0169566_757618.jpg











d0169566_85733.jpg



食後再び、後半の歩きに出発。

それは、海と畑に挟まれて歩くという、素晴らしいい環境なのだ。

手を大きくひろげ、声をあげたくなるような気分だった。

海の向こうには、富士山に似た、ベーカー山がその雄大な姿を見せていた。

後半を歩き、ランチをした農家に戻り、ここからバスに乗り戻る。

この日は12キロ歩く。 


海が見える場所でバーベキューを楽しんだ。

豪華に、ステーキとサーモンである。

サーモンは、ヒマラヤスギの板の上に乗せて焼くのだ。

これは始めて見る光景で、ソースの乗せて焼いていた。

口に入れると、かすかに杉の香りがする。美味しかった。

夕焼けを眺めながら、飲んで食べて楽しいひと時を過ごした。

d0169566_7581393.jpg

d0169566_7583844.jpg











d0169566_759747.jpg


  ー 続く ー
[PR]
by orientexp | 2015-09-17 22:11 | | Comments(2)

フェリーに乗って

朝、予定より遅れて車を走らせる。

フェリー乗り場に着いたが、わずかの差で次の乗船になった。

30分ほど待ち乗り込む。行く先は目の前に見える島だ。

15分ほどで到着。船から降りそのまま道を走り目的地へ。

フェリーの中のマイカーと景色。

d0169566_721017.jpg
d0169566_731486.jpg












午後12時過ぎに到着したが、

10キロ歩く予定のコースに間に合わなかった。

先に歩き始めて仲間たちが戻ってきた。

ランチをして、午後からの5キロのコースをあるくことにした。

非日常のモードになっていく。

マグロの前菜(美味しかった)
d0169566_6381354.jpg



3時に歩き始めた。とにかく広い。島だから当たり前だが、

目を移すと、すぐそこには海が広がっている。

顔見知りの人たちとの再会があり、賑やかに歩く。

d0169566_6571080.jpg
d0169566_644252.jpg


歩き終わり、朝が早かったので、早々にホテルにチェックイン。

クイーンベッドが二つと、キッチン付きの部屋は、

ひとりでは広すぎるが快適だった。

この日は、近くのスーパーで、ステーキを買い、

部屋で食事をした。家から持って行ったブロッコリーを添えて。

泡の出るのとワインを飲み、ぐっすりと眠ることができた。


     ー 続く ー
[PR]
by orientexp | 2015-09-16 22:11 | | Comments(0)
5月31日

宇都宮に足跡を残してきました。


書き忘れていたこと。

宇都宮在住の友人、Mさんに大変お世話になったのに。

ごめんなさいね、Mさん。


この日は、宇都宮で、糖質制限食の講演会があった。

アメリカ出発1ヶ月ほど前に分かり、申し込みました。

糖質制限食を始めて、もうすぐ1年になります。

糖尿病予防のために始め、ネットで知った、

京都在住の先生のブログに出会い、

書き込みをしたら、返事をいただきました。

このブログには、たくさんの人たちが悩みを書き込み

それらに答えてくれるのです。力強い味方を得た思いでした。


さて、Mさんと宇都宮駅で会いました。

いつも日本に帰国した時お世話になる人です。

講演会場まで案内してくれ、後で会う約束をします。


講演会では、参加者が色々と質問していました。

みなさん真剣に自分の健康と向き合っている印象を受けました。

でも、時差ぼけで、眠かった〜

協賛社の試供品(砂糖、豆腐めんとか)をもらい解散。


駅まで歩き、Mさんと会う。

帰りの新幹線の時間を見ながら、駅ビルで食事。

食べながら、話しながらの短い時間でしたが、

楽しいひと時を過ごすことができました。

Mさん、今回もお世話になり、ありがとうございました。

これは、食べられないのです。??
d0169566_6393624.jpg



金曜日から3日間、歩きイベントへ行ってきます。
[PR]
by orientexp | 2015-09-10 22:11 | 歩き | Comments(0)

歩いて、歩いて

先週の歩くコースは、フェリーで行く小さな島だった。

フェリー代往復、シニア料金で、300円ほど。

ひとり乗り遅れた人がいたが、次のフェリーで合流する。

向こう側に着くと、フェリーに乗る車が長い列を作り待っていた。

乗客は10人位だ。車社会の現象である。

島に着いてすぐ歩き始める。

登り坂が多く、20人以上の参加者の列は、

早い者と中位、そして遅いグループと別れる。

いつものことだが、私はいつも早いグループである。

10キロ、約2時間ほど歩くのだが、この時間しゃべりっぱなしの人がいる。

私は、歩くときは黙々と歩く。

耳が遠くなり、それでなくても英語理解力が悪いのに、

歩きながらの会話は不得手なのだ。


ランチは、帰りのフェリー待ちを兼ねて、砂浜で各々持参のものを食べる。

帰りのフェリーも車は、満杯に近かった。

人間は、私たちがいたので、商売的には良かったのでは?

d0169566_251073.jpg


d0169566_2511969.jpg


d0169566_2513612.jpg



今週の歩きは、町歩きだった。

何度も来ているが、コースがいくつもあるので、初めてみたいで良い。

5キロほど歩き、公園でトイレ休憩をして、再び歩く。

後半は、川に沿って緑の中を歩いた。

川に、たくさんの人たちが、ゴムのつなぎをきて並んでいた。

シャケが登ってくるのを待って仕留めるのである。

これって日本でいう、解禁のようである。

歩く途中でも、バケツと釣竿を持った人に出会った。

あんなにたくさん並んでいても、釣れない人もいるのでは?

でも、たのしそうだった。

d0169566_2551481.jpg



出発地点に戻り、いつも仲間で行くランチを断り、

友人と会うために、車に乗ってフリーウエイに入った途端、事故車に出会う。

これはまずいと、反対方向へ出て、次の出口で出る。

が、これが初めての道で、雨が降るは、どこを走っているのか分からず、

車を道の端に寄せ、ナビに住所を入れ友人が待つレストランへ向かう。

レストランに着けば、空はカラッと晴れて、

さっきの雨は何だったのだと、青空を眺めて思った。

ここのところ、雨が少なく芝生が黄色に変わっていたので、

先々週からの、土砂降りの雨は、結構なお湿りになった。
[PR]
by orientexp | 2015-09-05 22:11 | | Comments(2)
最後の1週間

7月1日  

同人誌 「平成」の同人Yさんと会うために、池袋駅東口で待ち合わせ。

前回会ったのは、同人誌の会があった7、8年前のこと。

昔、ニューヨークに住んでいた、元看護師さんである。

ご主人を亡くされて、日本に移住して大分たつ。

東武デパートの食堂街でランチをする。

カラッと揚がったカツ3種定食。細く切ったキャベツの千切りはお代わり可能。

ごはんを食べない私にとってこれはありがたいことで、もちろんお代わりした。

日本の生活をエンジョイしているYさんが羨ましい。

弟さんが住んでいた家に住んでいるとか。

この次は、お宅にお邪魔する約束をして別れる。


7月2日  小江戸、川越へ

東武東上線で川越へ。

昔、上板橋に住んでいたころ常時使っていた線で、懐かしい。

小江戸として有名な川越は、有名になる前に近くを通ったことがある。

今回、初めて町に降り立ち、見学するが、観光客目当ての町が並んでいた。

蔵造りの町並みとかで、両脇に古い家がならんでいる。
d0169566_12281431.jpg


お土産屋が並ぶが、買う気のない私は、あっと言う間に通りの端まで行く。

裏道を引き返して駅に戻る。

町並みとは反対な駅校舎である。

帰りは、各駅停車に乗り、上板橋駅で下車する。

昔むかし住んでいた処が懐かしく、商店街を歩いてみる。

川越街道に近いところのアパートに住み、そこで、長男を出産した。

47年近く前なので、アパートは無いだろうと思っていたのだが、あった!

いっぺんに47年前の記憶が戻る。若くて、世間知らずの自分が蘇る。

なんでも新しく変わる今、この小さなアパートが残っているのが不思議だった。

そして、仲良くしていた、寿司屋さんも残っていた。
d0169566_12334328.jpg


おとうちゃんと呼んでいた店主は、ずいぶん前に亡くなっていた。

おかあちゃんが、ひとりで居酒屋をやっているそうだ。

もう80歳になるので、店を閉めようかどうか考えていると言う。

80歳には見え無いほど、お元気なのだが、

外目からはわから無いことがあるのだろう。

話していると、どんどん懐かしい場面が頭の中でぐるぐる回る。

お互い、連れ合いを亡くし、これからも体に気をつけて生きようね。

と、再会を約束して、以前より賑やかになった商店街を通り、駅にむかった。
d0169566_12341620.jpg



7月3日

日本の休日も残り4日となる。

マンションの持ち主の友人Hさんと「サムライカフェ」のSさんが泊まりにくる。

持ち主が泊まりに来るというのもおかしいのだが、

足がまだ完全で無かったHさんが歩かなくて良いように、

食べ物を買い、マンションで女子会である。話はいくらでもある。

会う友達によって話題が違うので、飽き無いのである。

7月4日

友人HさんとSさんと3人で、新小岩の焼肉屋へ行く。

ここで、カルビを堪能した。

鍵はマンションの郵便受けに入れておくということで、

新小岩駅前で別れた。

Hさんには言葉に言い尽くせ無いほど、お世話になった。

Hさん、色々と、ありがとうございました。

7月5日

荷造りをする。大きなスーツケース、中位のケースにびっしりと詰め込む。

宅急便に連絡して、6日午前中に引き取りに来てもらう。

マンションから錦糸町駅前まで歩いて、駅ビルで最後の買い物。

今回は、あまり歩く時間が無くて、消化不良の感じがあり、

何か忘れ物をしたような気持ちだった。

7月6日

テレビで見た、巣鴨にある天然温泉「さくら」へ行ってきた。

駅からシャトルバスが出ているので便利である。

ゆっくりと湯に浸かり、食事をしてまた温泉に入る。

マッサージをしてもらい、日本での最後の夜を過ごす。

この次は、いつ温泉に入れるのかな〜などと考えながらマンションに戻る。

7月7日

朝早く起きて、食事をしてから、布団を干して、シーツ類を洗濯する。

掃除をして、戸締りをして、鍵は管理人室脇の郵便受けに入れる。

JRのグリーン車を奮発し、流れ行く景色を眺めながら成田空港へ。

携帯とWIFIのルーターを返し、スーツケースを引き取る。

ANAのカウンターで搭乗手続き。

想像していた通り、荷物1個分と重量オーバー料金を支払う。

手ぶらになりチェックインする。チェックインに時間がかかったので、

搭乗待ち時間は短かった。

約8時間ちょっとで、シアトルの空港に到着。


楽しかった日々は、長かったようで短かった。

d0169566_12584597.gif



再会できる可能性のある人との”さようなら”は、暖かさが含まれているが、

2度と会うことの無い人との”さようなら”は、そのひとが好きであればあるほど

深い寂しさが残る。旅は一期一会の連続 ・ ・ ・


長い日程を読んでくれて ・ ・・
d0169566_131422.gif

[PR]
by orientexp | 2015-09-03 22:11 | 歩き | Comments(0)
6月28日  国立へ

新宿駅南口で、Kさんと待ち合わせ、中央線国立駅に降り立つ。

駅前で待っていてくれたOさんの車でOさん宅へ。

忙しいOさんは、手際よく夕食をテーブルに並べる。

ご主人と一緒に4人で食卓を囲む。

何度、この食卓を囲んだか数え切れないほどである。

食後、ご主人が育てている金魚を見せてもらう。

水槽がふたつ並び、ひとつには魚が、と思いきや、これが金魚だと。

となりの水槽には、二匹の普通の金魚が泳いでいる。

一匹は、しっぽがちぎれている。食われたのだとか。

それにしても、金魚とは思えないこの大きさはどうしたことか。

餌をたくさん食べたせいだとか。信じられないこの差をごらんあれ!
左の水槽の下に写っているのが、普通の金魚。
d0169566_1111048.jpg


6月29日 那須高原へ

朝早くOさん宅から近くに住む、残りの仲間ふたりをピックアップして高速へ。

この仲間が集まる時は、いつもKさんが幹事役をしてくれる。

今回は私のリクエストを叶えてくれることになった。

まず那須高原へ向かう。途中昼時に林の中にあるレストラン

ペニーレインに寄る。
d0169566_1125598.jpg


ビートルズの楽曲「ペニー・レイン」からとった名前のレストラン。

ベーカリーとレストランで、中の装飾はすべてビートルズ関係だった。

席待ちがあり、列を作っていた。外での食事もあり家族ずれもいた。

再び車に乗り、この日の宿へ。

温泉につかり、食卓を囲み、ここでもしゃべりってばかり。

話すことが尽きないことが不思議でもあるが、会わなかった時間が長いから

その分話すことがあ次から次と湧き出てくるのかもしれない。


6月30日  東京へ

ふたたび5人は車の中へ。 もちろん話は続くのである。

さて、今回の私のリクエストである、東北自動車道 羽生サービスエリア。

ここにある、「鬼平江戸処」に到着。
d0169566_114252.jpg

ご存知、中村吉右衛門の鬼平犯科帳の舞台に似せた町ができている。

ここで、買い物、食事をする。私は、禁を犯して、

うなぎの忠八で、まかない丼を食す。
d0169566_1161756.jpg


美味しかった〜!!  日本のサービスエリアは本当に素晴らしい!

東京に戻り、楽しかった時間を抱えて亀戸に戻る。
[PR]
by orientexp | 2015-09-01 22:11 | 歩き

日々のできこと


by sakura