East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

普段通り

昨日はサンキスギビングデイ(感謝祭)でした。

全国的に七面鳥料理が食べられた日でもあります。

しかし、我が家は違います。

ターキー1羽を焼いても消化しきれなく、普段通りの食卓でした。

息子夫婦、オットトッコイの好きな、お好み焼きです。

まあ、アメリカ風に言えば、ミートローフのデナーとでも言いましょうか。

今回は、我流広島風お好み焼きでした。

ホットプレートがひとつしか無いので、焼きそばは別に作りました。

卵を焼く場所があまりなく、大変でしたが、まあまあの出来でした。

焼く、食べるそれに、見た目の美醜に写真のアップは控えさせていただきます。^^


こんな感じで、我が家は普段通りの日でありました。

ちまたでは、ブラックフライデー商戦が始まっていますが。


最近の写真を少しアップです。

iPhoneでの写真編集もなんとか、出来ました。

散歩コースで出会った写真、色々です。

美女と馬とワンちゃん
d0169566_2404087.jpg


落ち葉の美しさに圧倒され、人間はこういかないだろうなあと実感
d0169566_2411814.jpg

d0169566_2415958.jpg


























これは、11月始めから飾られていました
d0169566_205085.jpg

[PR]
by orientexp | 2011-11-25 09:50 | 井戸端会話 | Comments(10)

儀式も終わり、冬へ

天気予報がぴったりと当たった。

今朝、目覚めると、外はうっすらと雪がかぶった風景。

毎年だけれど、初雪の朝というのは、ちょっと神秘的で興奮する。

北国で育った私の経験では、初雪はこんなものでは無かった。

2重窓におでこをつけて見る外の景色は、

しんしんと降り続く雪で真っ白い世界が広がり、

それはドキドキするほど幻想的だった。

あの時のそれとは比べるにはあまりに淋しい雪の量だが、

それでも、初雪を見た朝は、何か懐かしく嬉しく、ほっとする。

それは、一種の儀式にも似て、これを通過して、

嗚呼、冬がくるのだなあ、と。

何はともあれ、ひと区切りがつき、来たるべき冬を迎える気持ちになれる。


やはり 写真がおかしいので取り替えました。
iPhoneで撮ったのですが、ソフトの使い方が解らず、うまくいかなかったのです。

d0169566_7401238.jpg

[PR]
by orientexp | 2011-11-19 20:10 | 井戸端会話 | Comments(10)

色づき始めて

辺りの風景が色づき始め、散り始めている。

我が家の小さな木も色づいてる。住人はとっくに色とは縁無しなのに。
d0169566_11154075.jpg

友人からもらったのトマトが、キッチンの窓辺で色づいている。
d0169566_1412387.jpg


人生に例えれば、秋は、熟成した時期を迎え、最終章に向かって、

己の来し方行く末の締めくくりをしていく時期。

この時期が来るたびに考えることだけど、ちっとも纏まらず流されている。

そんな自分が情けなく思うのだが、次の瞬間には、まっ、いいか〜と、また、流してしまう。

きっと、こう思いながら最終章がやってくるのだと思う。

しんぽしないわたしだなあ〜


ブログ友のパトラさんとこで知った、クラプトンの「枯葉」。

今のわたしの気持ちにぴったりで、しみじみと聞き入る。

イブ モンタンも良いけれど、クラプトンも静かに迫ってくる。


[PR]
by orientexp | 2011-11-09 10:15 | 井戸端会話 | Comments(12)

日々のできこと


by sakura