East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:volunteer( 2 )

さくら祭り 2011

d0169566_1240447.gif



4月1日、雨降るなかシアトルセンターへ行ってきました。

さくら祭りが始まったのです。雨の中ちらほら桜が咲いていました。

この日は参加している朗読ヴァランティアグループのブースをお手伝いに行ってきました。

雨のせいか金曜日のせいか見物人は今ひとつ少ない日でした。

早めに出かけて参加ブースを一回りしてみました。

オリンピアで開かれた餅つき大会と同じグループが参加していましたが、

見物人はシアトルと近郊の人たちなので、けっこう楽しんでいるようでした。


私が参加している日本婦人会が折り紙のブースを出していました。ちょっとひやかしてきました。

となりではアメリカ人女性ふたりが、手毬をつくっていました。

日本伝統芸をアメリカ人がなんなくこなしているのを見ると、日本人として申し訳ないというか、

恐れ多いというか、とにかく感心してしまいました。作品も立派なものでした。

参加している川柳の会から、同人の句が出ておりました。

驚いたことに私の拙句も出ておりびっくりしてしまいました。


私の受け持ち時間がきたので我々のブースに入ります。

ヴォイスライブラリーは、視覚障害者、病気療養中の方々、

高齢者の方々に母国語で読書の喜びをお届けしたいというのが主旨です。

私たちのグループをもっと広く知ってもらうためにブースで呼びかけるのが目的です。

私はただ座っているだけでしたが、一緒に参加した若いひとは、ちらっと我々の方を見た人に

すかさず声をかけて引き寄せます。上手なものです。

しかし、利用していただく希望者がなかなかいらっしゃいませんでした。

土曜日、日曜日に望みを託して金曜日は終了しました。


モノレールからバスへと乗り継ぎ帰ってきました。春雨と言うには激しい雨の降り様でした。



Published by デジブック


d0169566_1244567.gif

[PR]
by orientexp | 2011-04-05 20:50 | volunteer | Comments(8)

ある晴れた日に・・・

 バランティアでやっている対面朗読へ出かけてきました。

今回はブログ友のオッセさんが紹介していた文章を読もうと練習しました。

初めて読んだときは、途中で泣けてきて続きが読めませんでした。

訪問する先の人たちは動物の話しが大好きです。ぜひ聞かせてあげたいと思いました。

何度も読んで少しずつ慣れていきました。訪問前日にもう一度復習しました。

 当日、集まった皆さんの前で朗読を始めます。「詩と自由とアメリカと」、これも教えてもらった

「心に残る医療」私の体験記コンクールに入賞した双子の兄弟の文章と続き、

いよいよ「エス」を読み始めた。

読み始めてしばらくすると鼻を啜り始める人がいる。私の隣に座っている男性は、嗚咽をあげている。

これにつられたら読み進めることができなくなる。一呼吸をいれて続きを読みます。

なんとか最後まで読むことができてホッとしました。

隣の男性は自分でも犬を飼っていたことがあるので思い出すのだそうです。

動物物語は、それが楽しいものでも悲しいものでも、一様にみんな好きのようです。

 しんみりしたので、江戸の笑い話をして、「我は海の子」をみんなで大声で歌い涙を乾かしてもらい、

この日の朗読時間を終わりました。

d0169566_726327.gif


次の日は・・・
[PR]
by orientexp | 2010-07-27 07:28 | volunteer | Comments(16)

日々のできこと


by sakura