East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:井戸端会話( 114 )

無用の長物

毎日歩いているが、コースを時々変える。

先日は、海が見えるコースを歩いた。

街中、公園を過ぎると眺望が開き、大好きな場所にでる。

目の前に広がるのは湾、その先に横たわる雪抱いた山が見える。

ここに移ってくる前に、フリーウエイを走っていて、この景色を見た時に、

嬉しくなり、ここに越してくる決心をしたひとつの要素だった。


d0169566_00222694.jpg

でも、ここの景色は、真ん中に見えるビルがじゃまになる。

市の所有物なのだが、今は使われていない。

壊す予算がなく、売りに出しているのだが、買い手がつかない。

すでに、9年以上たっているのだが、どうするのか?

景観を壊していて、住人や観光客からは評判が悪い。

これを、無用の長物というのではないか。


この景色を見ながらジグザクの道を降り、街中へ。

街中を通過してヨットハーバー沿いの道に進む。

そこからの景色は、遮るものが無い風景に出会う。

d0169566_00245832.jpg

ここに越して来て良かったと思う瞬間だ。

雨ばかりで気が滅入る日が続いた後、

気持ちが明るくなり、17キロ歩いた。


[PR]
by orientexp | 2017-04-30 10:00 | 井戸端会話 | Comments(4)

忙しい4月

4月もあと1週間ほどで終わる。

来月、ゴールデンウイーク明けた後、日本への一時帰国。

今回は今までとちょっと違ったことをする予定。

そのための準備やらで、日々いそがしく、過ごしている。


今月の「くう会」は、月初めにチャイニーズのバイキングだった。

シニアなので、チップ込みで、1,300円。

寿司、刺身、もちろん、中華満載の食べ放題だった。

と言っても、シニアだからそんなに食べられないけれどね


それから、ボーリングのリーグが終わり、

昨日は、打ち上げが日本レストランであった。

私たちのチームは、一時、2番の位置にいたが、

最終は、5番だった。でも、まだ下はあるのよ。


気候は、春になり、気持ちも明るくなる。

天候は、気分を左右する、私の場合は。

来月の今頃は、2年ぶりの日本。

カウントダウンを始まりました。


今回は、仲間のご家族一緒の、くう会でした。
d0169566_01540933.jpg



[PR]
by orientexp | 2017-04-18 10:10 | 井戸端会話 | Comments(7)

ほぼ日桜前線 2017

” 春がやってきました。

 雨が降り 雨が止み  青空が 顔を出し

 さくらが つぼみを開き 満開の オンパレード です

 歩きで みつけた 満開のさくら カメラにおさまりません

 でも、ブログねたには 最高 です

 ブログに のせる前に ほぼ日へ 送って しまいました

 それが 掲載 されました うれしい です 

 ぜひ ほぼ日 を のぞいて みて ください

 嬉しくて こうふん しています

 これは さっき 飲んだ ワイン の せいでは ありません ”



⬇︎を クリックすると、桜だらけの日本地図が出てきます。

右へ移動して、太平洋を越えてください。

ワシントン州が出てきます。上陸しますと、すぐに、私のさくらが現れます。

と、いうことで、私ひとりの写真だけでなく、色々の桜を楽しんでいたでけましたか?

やはり、春は、さくら ですね。





[PR]
by orientexp | 2017-04-07 22:00 | 井戸端会話 | Comments(4)

時は流れて

もう4月になりました。

毎日雨ばかりの日が続いています。

雨期だから仕方がないのですが、少々飽きました。

そのうえ、先月の中旬から末に向かい、

友人とふたりの友人の連れ合いさんが、彼岸へ。

そのせいもあり、心が落ち込んでいます。


それでも、日々は動いています。

気を引き締めて前へ進まねばと、自分に喝を入れております。


晴れやかになるような作品です。

折り紙クラスの人たちが作った作品です。

みなさん、本当に器用な人たちばかりです。

不器用な私は、手を動かさず、口を動かす専門であります。

d0169566_22132829.jpg







[PR]
by orientexp | 2017-04-01 22:00 | 井戸端会話 | Comments(4)

ひな祭り

昨日は、定例の、折り紙クラスの日だった。

まあ、随分昔に女の子だった我々だが、ひな祭りの真似事でもと、

それらしきものを持ち寄り、楽しいだ。

紅白のお餅、お赤飯、甘酒などなど、なんとなく、気分は、雛祭り。




d0169566_08011970.jpg



私は、「楽しい雛祭り」「 春) の歌詞をコピーして持って行き、

みんなで歌った。 みんなの顔は、女の子に見えた( ような気がした)


最後に、森山良子が歌う「 Ale, Ale, Ale」の歌詞を渡し、

自分たちのことを歌っているから、と渡し、皆んなで大笑い。

と、脳の活性化をした1日でした。


さて、5月5日も折り紙クラスの日だけれど、

男の子こになるのは無理、どうなることかな、楽しみだ。



友人が作った、彼女の友人の80歳の誕生日プレゼント。
1ドル札80枚で作りました。


d0169566_08001650.jpg




d0169566_08005199.jpg
すごいね、誰かが、言っていました。「私の時は、100ドル札でお願いします」(爆)



[PR]
by orientexp | 2017-03-04 14:30 | 井戸端会話 | Comments(8)

道産子として ・・・

ここで何回も紹介している、いすみ鉄道の鳥塚社長のブログに、

道産子として、嬉しいい記事が取り上げられています。


JR北海道は、予算が無く、ローカル線の廃止を決めたことを以前このブログで書きました。

ところが、JR北海道が、道北道東で、観光列車を運行しようという話が出ています。

札幌、小樽、函館地区は、すでに観光で路線運行は満杯状態。

そこで、旭川を地点に富良野から滝川、将来的には、旭川→帯広→釧路→網走→旭川と

二泊三日の観光列車を考えているようです。

列車泊りではなく、地元のホテルなどを利用して、地域の活性化を狙っているようです。


鳥塚さんは、昨年から北海道庁で行われている、観光列車検討会議に委員として参加しています。

今月行われる、観光列車フォーラムの、弟子屈会場のパネリストとしても、出席するそうです。


鳥塚さんが加わっていることで、JR北海道が変わっていくのではないかと、

道産子としては、期待しているわけです。 

詳しいことは、鳥塚さんの「観光列車フォーラム」2月15日の記事を見てください。


色々と問題はあると思いますが、やる前に諦めないで⇒進めてみるのは、

自分に対しても突っ込みたい言葉です。

ガンバレ! 北海道ローカル線 !!



[PR]
by orientexp | 2017-02-15 11:11 | 井戸端会話 | Comments(8)

ひとの気持ちとは・・・

カンブリア宮殿のこちらでの放映は随分遅く、

今日取り上げるのも、去年の6月放映である。


「大改造!劇的ビフォーアフター」という番組が大好きで 観ていた。

現在この番組は中止になっているらしい。

リフォームでの問題が多く出てきたことが理由らしい。


そのリフォーム専門の業者、「さくら住宅」の社長、二宮 生憲(たかのり) 氏。

どんな小さな仕事、たとえば電球を変える、車椅子用に小さな段差を無料で取り付ける。

顧客が必要とすることを利益を考えずにやる。小さなことで喜んでもらう。

すると、ほとんどの人たちからリフォームの注文がくる。


驚くことに、顧客の65%は、「さくら住宅」の株主だそうだ。

年に一回の株主総会には、バスで有名ホテルへ出かけ、コース料理を振舞われる。

会社への注文をお願いすると、「社長さん、体を大切にしてください」などという。

一人だけでは無い。面白い株主総会である。

社長も、持ち株は20%ちょっとだから、「いつでも乗っ取られますよ」と言う。


会社内では、営業ノルマというのがまったく無い。

”社員同士の競争はしない。売り上げの少ないひとには、新規の仕事を回す。

社員の表情が実に明るい。ノルマを果たせない焦りがないからだ。

これで、長年黒字続きの実績を上げている。


ひとの気持ちというのは、良くしてもらうと、それに答えたいちという気持ちが働く。

仕事上での緊迫したノルマがなければ、気持ちに余裕ができ、

リラックスし名案が浮かび、前進する活力が出てくる。

ほんのちょっとした考え方の違いで、大きな変化がもたされるのだと思う。


さて、私もこれからは、気持ちに余裕を持ち、進んで行きたいと思う。

リラックス、リラックス・・・  はて、さて、どうなるか?








[PR]
by orientexp | 2017-02-08 15:11 | 井戸端会話 | Comments(4)

春まだ遠し

以前、いすみ鉄道の社長さんのブログをここで紹介したことがあります。

1月31日の記事も面白かったので、ブログネタとしていただきました。


北海道出身なので、小樽、札幌という字には反応が早く、

この日のブログでは、雪が降った時、JR北海道の電車の運行について書いてあります。

雪国、北海道では雪が降った時でも電車は走ります。

それは、路線のポイントが凍結しないような設備がしてあるからです。

ワイパーは寒冷地仕様、ホームの屋根に溜まる雪の落下の備えたりしています。

この設備に大変なお金がかかるわけで、これでけではありませんが、

JR北海道は、採算の悪い、利用度の少ない線を切っているわけですね。

それに対し、東京の電車に関しては、何があっても仕事を継続させるシステムが無い。

東京では雪はあまり降りませんが、降るとすぐ、電車は止まります。


と言うようなことが書かれていました。 興味がある方は覗いてみてください。



今日はローリー・ツガワという女性が書いた「Samurai」と言う本の出版記念講演会に出かける予定でした。

支度をし、鏡を眺め、バッチリと決めて外に出たところ、雪が深々と降っているではありませんか。

天気予報では雨でした。電気代節約のため、ブラインド、カーテンを閉め切っているので、分かりませんでした。

即、家の中に引き返しました。私の車には、路線ポイントの凍結止めはついていません。

雪が降った場合は、即、運転中止であります。

せっかくおしゃれしたのに残念ですが、

部屋着に替え、窓から雪を眺めながらリラックスを決め込んでいます。

立春が過ぎたのに、春まだ遠しであります。



[PR]
by orientexp | 2017-02-05 15:00 | 井戸端会話 | Comments(2)

ドラマの不思議

テレビドラマを見ていて、不思議な感じを受けることがある。

まず、食べるシーンで、料理のメニューが圧倒的に、カレーライスが多い。

他の料理もあるが、80パーセントは、カレーだ。簡単だから?

ドラマだから、食べるシーンだから、何を食べてても、いいじゃないか、

と言われるかもしれないが、不思議だ。

向田邦子のドラマでは、食べるシーンがたくさんあり、

メニューは何かな?と楽しみに座卓の上を注視したものだ。

たまには、昨日の残りのカレーを、朝の食卓に出ることがあるが、

これは私も好きで、温めなおした味は、別な美味しさがあった。


それから、ドラマで女性が使うハンドバック、これが、いつもペシャンコ。

普通は考えられない。特に私は色々と入れているので、パンパンだ。

小道具係のひとは気がつかないのかしら?


こんな思いは私だけかしら?

ブログネタを思いつかず、どうでもいいことを書いています。

d0169566_04282639.png


[PR]
by orientexp | 2017-01-26 11:33 | 井戸端会話 | Comments(6)

寒い冬と電気料金の関係

我が家は、暖冷房、料理、給湯、他すべてが電気で賄われている。


ここのところ寒い日々が続いている。

今朝は、雪が舞い地面を覆いつくした。


昔から冬は寒いものと決まっていたが、

ここ何年来の暖冬やらで、冬にしては暖かい日が多かった。


日本では、北国の積雪量の多さを表示するニュース画面が映し出された。

今週末には、太平洋岸でも雪がふるかも?などと言っている。


ここは、日本からは反対側の太平洋岸である。

例年になく寒い冬が続いている。

まあ、これが本来の気候であるのだと思うが。


北海道育ちの私であるが、寒がりである。

普通の家ではない、モービルホームの家であるが、セントラルヒーティングである。

誰も居ない部屋まで暖房がきいている。これはもったいないことである。
 
去年と同じ時期の電気代とくらべると、3分の1ほど増えている。

電気料金が上がったのではなく、使用した電力が多いということ。

そこで、サーモスの温度を調節することにした。

対策としては、

大きな2枚ガラスの引き戸(庭にでる)の前に、障子風衝立をたてて隙間風を防ぐ。

窓は、ブラインドを閉めたままにしている。

わが身に関しては、綿入れ半纏を着込む。ズボンの上から、ラッピングスカートをはく。

(人様にはお見せできない姿であります、ハイ)

コストコで見つけた、毛皮らしきものがついた半長靴のようなものを履く。

これは、内外両方でつかえるようだ。これが思いの外暖かくて大変気に入っている。

こうして、暖房対策をしてもまだ、寒い場合は、スペースヒーターを使う。

夜寝ている時は、最低の温度でサーモスが作動している。


はて、さて、来月の電気料金はどのように変化しているか?


外の雪は融けて地面が見える。

明日は、温度が上がるようなので雪は大丈夫そうだ。

明日のキョウイクである、”食べよう会”へ出かける予定である。


   


[PR]
by orientexp | 2017-01-11 15:33 | 井戸端会話 | Comments(4)

日々のできこと


by sakura