East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

江戸と東海道をうろついて

ご無沙汰いたしておりました。

ハイ、生きておりました。

ちょっと旅、と 言っても、本の中でのことですがネ。


年に1度か2度ほど、池波正太郎著、「鬼平犯科帳」を読む、

というのが恒例というか癖というか、やっておりまして。

その時期になりますと、24巻の文庫を読み続けます。

今回で3度目になりますが、内容は分かっているのですが、

これが、毎回新しく感じるわけでして、

思うに、文体が心地よく体内に入ってくるのからでしょう。


今年、東海道を歩きましたので、文中に出てくる宿場、

神社仏閣が出てきますと、地図や自分が辿った宿場表を取り出して、

なるほど、などと実感しながら読むので、なかなか前に進まないわけです。

それにしても、昔のひとは健脚でありました。

あの、東海道を草鞋を履いて歩いたのですから。

移動手段は、足がほとんどだった時代であります。


さて、日々の決められていることをこなした後は、

江戸時代にワープするわけであります。


火付盗賊改方の長官、長谷川平蔵が江戸、

または街道すじに跋扈する盗賊を取り押さえる、

まあ、言ってしまえば捕物帳なのですが、これが、面白い!

与力や同心そして密偵を使い、最後は目出度しめでたしで、

一件落着なのですが、何回読んでも飽きないのであります。


と言うわけで、ここのところネットとは、

とんとご無沙汰でありまして、ブログも開店休業のありさまでした。

24冊の文庫本と江戸古地図他を、棚に戻しまして、

江戸から、もっと物騒な現代に戻ってきた次第であります。


季節は、夏から秋に移り、昨日から温度も下がり、凌ぎやすくなりました。

再び現代の暮らしに戻ることになります。

が、江戸時代からも離れがたく、言葉つきも未だ戻らない次第であります。


と、いう次第で、ブログ不更新の言い訳でありました。

お粗末さまでした。


[PR]
Commented by oss102 at 2017-09-19 09:09
そうですか。それでは鬼平も何倍も魅力的になるはずですね。
そんな素晴らしい生活を送っていたのなら、なんどもここに出戻りしてたのを許します。(^◇^) 1時間なら短編を読み切れますね。私たちは、どうしてもエッセーとか、小説の1部分になります。
Commented by orientexp at 2017-09-20 01:03
⭐︎オッセさん
最近は小説よりエッセーの方が多いのです。
文庫本一冊に、だいたい7、8話くらいあります。
それが24冊です。時間のことは考えないで読んでいます。
東海道を歩いたおかげで、いっそう身じかに感じ楽しいのですよね。
dvdの鬼平もあるので忙しいのですよ。
今また、「剣客商売」を読もうと考えているのですが、少し休憩です。(^^)
Commented by hanairomimi201 at 2017-09-21 11:39
生きておられましたか・・それは何よりでございます(笑)
鬼平犯科帳は今でもテレビで放送しています
勧善懲悪・・わかっているのですが面白いですよね。
Commented by まり at 2017-09-24 16:58 x
亡き父親が「鬼平犯科帳」を好んで読んでいたことを思い出します。
さくらさん、失礼したままだったことずっと気になっていました。滅多にパソコンを開けず、というより開けられず・・が続いていました。どうぞお元気で次回日本に来られる時は私にもお声をかけていただきたいと思っております。
Commented at 2017-09-24 17:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by orientexp at 2017-09-26 05:31
⭐️ hanairomimi201さん
 コメント遅くなりごめんなさいね。
 はい、生きておりました。
 勧善懲悪、そうなんですよね。
 安心して見られるというのが良いのです。ネッ(^^)
Commented by orientexp at 2017-09-26 05:35
🌟まりさん
 「鬼平犯科帳」の文章は読み易いのですよね。
 お父様が読んでいたのですか。たくさんのファンがいるようです。
 どうぞ気にしないで、いつでも書いてください。
 次回日本に行った時は、ぜひ連絡させていただきますね。(^^)
 
Commented by orientexp at 2017-09-26 05:45
🌟鍵コメさん
 ご丁寧にありがとうございます。
 こちらから連絡しますね。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by orientexp | 2017-09-18 12:40 | | Comments(8)

日々のできこと


by sakura