East meets West

orientexp.exblog.jp
ブログトップ

箱根のホテルで

東海道53次歩きを終わり、九州からの友人と怒涛のごとき会話をし、

彼女を送り、マンションを提供してくれる友人との再会を楽しみ、

今日は、別のグループの友人ふたりと、箱根にきています。

しかし、ここに来るまでの出来事は、

これから、なんども話題に乗るであるだろうほどの、

スリリングな出来事だった。



今朝、亀戸駅を出発する時から、おかしかった。

電車の遅れが続き、理由は線路にものを落としたので、

そのために電車が遅れます、という放送が2度、それも別々の駅で。

もうひとつ、どこかの駅で、何かが起きたこと。


新宿駅、到着。 小田急ロマンスカーの乗り場で、友人二人と合流。

今日は楽しみましょうと、勇んで乗車するも、

何個か先の駅で人身事故があり、この電車は動きません。

ロマンスカーは全部休止になる。


電車から降ろされた人々でホームは混雑。

それでも幹事役の香さんは、動揺せず、次から次と乗り継ぎを見つける。

途中、香港からのひとり旅女性、

別の香港からの家族4人の旅行者が、

この事故で運転休止の中、どうして良いかわからずにいた。


我々は、その香港グループを引き連れて、

香さんを先頭に、見事に乗り継ぎ、小田原駅に到着した。


今考えてもあれは神わざだと思う。香さんの手腕に感服。

乗り継ぎの駅に到着後、電車の乗り継ぎはスムーズ。

香港グループは、日本の交通機関の素晴らしさに感動していた。


小田原駅に到着したときは、

ホテル差し向けのバス出発時間、5分前。


部屋に落ち着き、温泉に入り、私は先に出て部屋で寛いでいます。

窓から見える箱根な、雨に濡れてしっとりと沈んいます。


53次を歩いた道、またはその側を、バスで通る時、

実際に自分がここを歩いたのだと、

それは、遠いことのように思いました。


香港グループとの記念に。

d0169566_17023848.jpg








[PR]
Commented by あきの at 2017-06-08 17:54 x
アクティブに活動していますね。
つい先日歩いた箱根に再び〜。しかも友と。
初夏の日本を大いに楽しんでください。
Commented by まり at 2017-06-09 03:53 x
PCが不調で長いこと開けていませんでした。たくさん歩かれたのですね・・。6/3三条大橋到着。素晴らしい。ここのところ、自分の骨があちこちガタガタ言っているような落ち込んだ気分の自分からは到底考えられない凄いことを達成されたのですね。私事、3月15日、早朝盛岡から新幹線に乗り昨秋来何度か往復している東京の娘宅に着いたところで 突然夫からの電話で二男の死を知らされました。何が起こったのか?足が縺れ、乗り換えの地下鉄で転び、頬を擦り剥きながら来た道を戻りました。孫たちと一緒に寝ていながら誰にも気づかれず、突然死です。お医者さまの所見では真夜中の心臓停止。死までの時間は数分間との診断。前日彼は普通に会社で仕事をしていました。私は娘から急にベビーシッターを頼まれ、東京に一泊するつもりで ルンルン気分で 夫と義母のおかずを真夜中に作っていた頃には 二男は死んでいたのです。大勢の方たちが泣きながら駆けつけて見送って下さいました。葬儀、四十九日の法要、香典返し、ご挨拶など一連の諸々のことを片付けながら、生きること死ぬことを考え続けたこの2か月半でした。夕暮れ時になると「いない・・」ということに涙が出ます。 さくらさんの“不完全燃焼・・一本の線を作れなかったことの悔しさが残る。しかし終わったこと。過去は変えられない。人生と同じだ”このところを何度も読み返しました。全くその通りです。変えられないのだと思い知らされています。息子のことでは一番悲しいのは産み育てた私、と心の中で思っていました。でも小学生の孫が私に先日そっと「学校の休み時間に父ちゃんのことを思い出して泣きたくなることがある」と言いました。そうなのだ・・私は自分を大切にしなければならないけれどそれ以上に「お父ちゃん」を大好きだった孫たちや家族みんなを出来るところで優しく包んで行かなければ・・いつも子どもたちのことを最優先に考えて暮らしていた二男のためにもそうしなければ・・と考えさせられているところです。眠られない夜、さくらさんのブログをまとめて読ませてもらったことで 落ち着きました。ありがとうございました。偉業を成し遂げた後のお疲れはジワジワと後になって出てきそうです。どうぞ、ご自分をいたわって、お疲れを癒されますよう!!
Commented by orientexp at 2017-06-09 05:29
🌟あきのさん
京都から東京に戻る新幹線の中から、
自分が歩いて来た道や橋などを眺めながら、
その時のことを思い出していました。
温泉に浸り、体を癒すと、再びちからが湧いて来るようです。(^^)
Commented by orientexp at 2017-06-09 05:35
🌟まりさん
大変な時期を過ごされていたのですね。
お悔やみ申し上げます。
母親として逆縁ほど辛いことはありません。
どうぞ、ご自愛なさって、お孫さんたちとの交わりを大切にしてくださいね。
ここに、いつでも書き込んでください。非公開コメントでも大丈夫ですよ。(^^)
Commented by oss102 at 2017-06-11 10:51
まぁ、もう完全復活ですか。足の方です。一大行事が終わってもますますお元気ですね。
安心しました。

まりさん
この場でなんですが、息子さんのこと、お悔やみ申し上げます。
なんとも申し上げる言葉がみつかりませんが、お孫さんたちの心の拠り所になるまりさんであることを信じております。
Commented by orientexp at 2017-06-11 17:21
🌟オッセさん
足の方は完全に復活です。
このれからの予定を楽しんでこなしていきます。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by orientexp | 2017-06-08 17:04 | 井戸端会話 | Comments(6)

日々のできこと


by sakura